エマボーダ、選べるノスタルジックカフェ

スモーランド南部のEmmaboda(エマボーダ)は、一時期ガラス工房などで反映した土地です。
今は工房も少なくなり、特に特徴のある町ではなくなってしまっている感がぬぐえません。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

そんなエマボーダの駅前にあるカフェ、fenix konditori。
なんの変哲もない建物で、パンやケーキを買うスペースもそんなに特徴はありません。
が、併設されているカフェスペースがいいんです。
3つの部屋はそれぞれ50’s/60’s/70’sがテーマになっています。

fika(お茶すること)が欠かせないスウェーデンですが、カフェはといえば素っ気ないものが多かったりします。
コンセプトを持ったカフェがこんな近くにあったなんて!(カルマルからエマボーダは車で30分くらい?そんなに遠くありません)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

朝食メニューというのは特にありませんが、サンドイッチも美味しく、ケーキ類も美味しかった。

カフェが好きで、大阪でも東京でもいろんなカフェを巡ってきたのでこれはかなり嬉しい発見です。

fenix konditori
住所:Kyrkogatan 3 Emmaboda
営業時間:月~金(07.00-17.30)、土(07.00-13.00)、日曜定休

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


コーヒーとパン好きのための北欧ガイド (Hokuo Book)
森百合子
スペースシャワーネットワーク
売り上げランキング: 186,512