スウェーデンにも「引っ越しソバ」的なものがあります

最近まわりの人が引っ越しブームです。

ヨーテボリの友人も1月引っ越しでした。

お世話になっているストックホルムの方も引っ越しが終わったようです。

お義母さんとその旦那さんも去年衝動買いした家に引っ越しました。
広めのアパートを買って1年たたずに家を買ったのでびっくりしました。

私の仲良しの同僚も転勤でストックホルムに引っ越しました。

あんなによく遊んでいたのに今までみたいに「今週金曜日遊ぼうや」とか「明日うちで映画?」とか気軽に会えなくなるのかと思うと寂しい気がします。
実感もわきません。

私自身は

ニューヨーク(アメリカ)
バレンシア(スペイン)
東京
エーランド島(スウェーデン)

とあちこち引っ越しています。

バックパッカーを長くしていたからか、そんなに「一大決心」と思って引っ越しをした覚えがないような気がします。

私が日本からスウェーデンに引っ越した時に「お祝いしたい気持ちと寂しい気持ちと両方ある」と云ってくれた友達たちを思い出して、今やっと気持ちがわかった気がします。(遅い)

笑顔で送り出してくれてありがとう。

送られるより、送るほうが寂しい。
知っていたけど、思い出したくなかったわ。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

さて、ヨーテボリの友人は香川県出身なのですが、奇妙な話を聞きました。
一軒家に引っ越すと、一家の長がお風呂につかりながらうどんを食べるとな。

なんたる奇妙。
ぜひやってほしい。
そして写真を送ってほしい。
やったのかな…

ところで、スウェーデンにもどうやらこういう習慣やら「引っ越しソバ」的なものが存在するようです。

お米とか、牛乳とか、そういうものが効果で貴重だった時代に存在していた「引っ越し粥(flyttgröt)」。
もしくは絶対にあって困るものではない塩とパンを引っ越し祝いにもっていったそうです。
ただ、今ではそんなことをする人はいないそう。

ちょっと前ですが、旦那さんの叔母さんがリノベーションしていた家が住めるようになり引っ越しました。
パーティーなどが好きじゃない叔母さんですが、旦那さんと私を新居に呼んでくれました。

これは絶好の「引っ越し粥」チャンス。

お義父さんの奥さん曰く、引っ越してすぐじゃないと変…とのこと。
まぁ、いいでしょ!

ということで、朝ごはんにしたいなぁ、と考えていたオートミールでブルーベリー粥を。(オートミールの袋の裏に載っていました笑)

材料は4つ

オートミール
ブルーベリー

小鍋でちょっと煮て、トッピングに夏に採ったベリーを乗せただけ。

簡単。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

甘くないんですが、ベリーがたくさんなのでデザートのようでした。

そして叔母さんは引っ越し粥、とても喜んでくれました。(他にもプレゼント渡してますよ)
近所の人からは塩とパンをもらったそうで、伝統はまだ生きていました!

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


日食オーツ オートミール 500g
日本食品製造
売り上げランキング: 1,162

広告

北欧のチョコレート アイスランドのリコリスチョコレート編

あぁ、緊張した。

エーランド島に住んでいるとメリハリというものがあまりなかったりします。
なのでお声がけいただいたらラジオに出演してみたりします。

が、緊張した。

今回はセムラについて、私について、エーランド島についてお話させていただきました。
声が震えるのは毎度のことですが、今回は途中で息が苦しくなり、言葉にも詰まりました。

え!
どんだけ緊張してんねん!(もうやめたらいいんじゃ…)

放送を聞くと声の震えはほとんどわからないんですが(電話が遠いから)、言葉が詰まりすぎてお聞き苦しかったと思います。ごめんなさい。
パーソナリティのD[di:]さん、ありがとうございました。
カジヒデキさんの「セムラソング」たるものの存在を知ってびっくりしました。

エーランド島がどんなに美しい島か伝えきれませんでした(息ができなくなって)。

世界遺産があるのに何にもない島。
ただ広い空が広がって、虹がたくさん出て、冬には満天の星空。
静かで、風が強く、春には小さな花があたり一面を覆う島です。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

さて、本日2月14日はバレンタインデー。

エーランド島は田舎すぎて、バレンタインもハロウィンもありません。
バレンタインらしき雰囲気はスーパーマーケットのレジ近くにハート形のグミが一種類あるぐらいでした。(都会のことはわかりません)

日本に居たときは旦那さんにバレンタインチョコレートをあげていました。
が、スウェーデンでは日ごろの感謝を込める感じで、女性から男性に、とかいうわけではありません。
なのでいいか、とあげるのをやめました。(日ごろの感謝はどこ行った)

今年はたまたまバレンタイン前の週末にオレブロという都会に行き、そこのチョコレート専門店で「アイスランド産リコリスチョコレート」を発見。

うちの旦那さんはリコリスが大好きです。

リコリスと云えばフィンランドがパンチが効いていて有名です。
アイスランドのリコリスははじめて見たので珍しさから購入。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

選んで詰め合わせしましたが、どうやらただのチョコレートも混ざっていたようです。(ちゃんと見なかったから)

旦那さんのトップ1は黒くて四角いリコリスチョコレート。
トップ2はチョコのないリコリスでした。

スウェーデンにはないホワイトデー制度ですが、我が家では取り入れられています。
来月が楽しみ。(私の予想、エーランドチョコレートのカフェでfika(お茶)

北欧のチョコレートシリーズはこちら
 ・北欧のチョコレート ノルウェー編

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


アイスランドお土産 オーロラチョコレート 18粒入り
三洋堂
売り上げランキング: 307,961

セムラ ソング
セムラ ソング

posted with amazlet at 18.02.14
AWDR/LR2 (2013-02-20)
売り上げランキング: 699,237

セムラを作る その2)カルダモン入りバンズを焼く

さて、スウェーデンでは今日が今年のセムラの日です。

セムラについて、私のエーランド島生活について日本のFMラジオ「ON THE PLANET」でお話しますのでよかったら聞いてください。

日本時間2018年2月13日(火)深夜25時過ぎ(2月14日早朝1時頃とも云います)
radikoタイムフリーで後からでも試聴できるようです。

北はFM青森から南はFM沖縄まで。
私が聞いていたKiss FM KOBEやTOKYO FMでも放送されます。
詳しい放送局はコチラ

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

さて、セムラに欠かせないのはカルダモンの入ったバンズ。

寝かせる時間が少なく、焼き時間が短いので1時間半あればバンズも焼けて、アーモンドペーストを詰めてホイップクリームものせてでき上がります。

セムラははじめて作ったのでオンラインのレシピをお借りして微調整しました。
改良の余地ありなので来年はオリジナルレシピをアップできるかも。

セムラ(8個くらい)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

セムラ用カルダモン入りバンズ

■生イースト 25g
└ドライイーストの場合は10g (生イースト:ドライイーストの置き換える割合は10:4)
■バター(マーガリン可) 100g
■牛乳 2.5dl/250ml
■タマゴ 1個
■砂糖 1dl/100ml
■塩 2krm/2ml
■重曹 2krm/2ml
■カルダモンパウダー 1krm/1ml
■小麦粉 約8dl/500gくらい
☆タマゴ 塗り用

セムラのフィリング

■アーモンドペースト 作り方→コチラ 50g
■牛乳 1.5-2msk/大さじ1.5~2
☆生クリーム 2dl/200ml
☆粉砂糖

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

1)ボウルに生イーストを崩して入れておく
2)バターを溶かし、ミルクを加えて人肌に温める
3)2)を1)に少し入れてイーストを溶かす
4)3)に残りの2)、タマゴ、砂糖、塩、重曹、カルダモンパウダー、小麦粉を入れてボウルにくっつかなくなるまで混ぜる
5)4)を30分寝かす
6)オーブンを225℃に温めておく
7)5)を捏ねて、8個に分けてきれいに丸める
8)7)をベーキングシートを敷いたオーブンの天板の上に並べて濡れ布巾をかぶせて20分寝かす
9)8)に溶きタマゴを表面に塗る(照り用)
10)9)を225℃のオーブンで5分、200℃に下げてさらに5分焼く

11)焼きあがって粗熱がとれたバンズの頭(4分の1か5分の1くらい)をカット
12)下部の中身をくりぬきます
13)12)を細かくちぎって、牛乳で伸ばしながらアーモンドペーストに混ぜます
14)13)を12)に戻します
15)生クリームをしっかり泡立てて14)のアーモンドペーストをカバーするようにホイップ
16)11)でカットしたバンズの頭を三角にカットして15)にのせる
17)粉砂糖をふりかけて出来上がり

※4)パウダーじゃないカルダモンが手に入る場合は種をすりつぶすと風味がよく、粒が見えるため見た目の素敵度合いがアップします
※7)割れ目があるまま焼くとそこから割れるので表面はなめらかに。
※10)焼き目がつきすぎるようだったら途中でアルミホイルカバーをしてください
※13)硬さの目安はスプーンですくってボテッとおちるくらい
※15)高さを出すと素敵です
※16)三角にカットしなくてもいいんですが、すると美しさが増します

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


シュークリーム 濃厚ミルクシュー3&濃厚ミルクシュー5 お試しセット(lf)
オーガニックサイバーストア
売り上げランキング: 72,226

セムラを作る その1)自家製アーモンドペースト/マジパン

冬景色も最高なエーランド島。
住んでてよかった。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

さて、いよいよ明日が「脂肪の火曜日」と呼ばれるセムラの日です。

スウェーデンの冬の風物詩、セムラ。

それは見た目はシュークリーム

しかしシュー生地ではなく、甘いパン。
詰まっているのはカスタードクリームではなく、アーモンドペースト(マジパン)と生クリーム。

スウェーデン人はマジパンが大好きです。
ベーカリー併設のカフェなんかでお菓子を選ぶときは中に何が入っているか聞くと、かなりの割合でマジパンが入っています。

私はなるべくマジパンを敬遠しながら過ごしています。

そう、苦手です。

が、プリンセスケーキという誕生日に食べるケーキのマジパンだったら大丈夫だったりするので、嫌いなわけではないようです。

さて、毎年セムラを作ろう、と思っていたので今年は実現させます。

食材を買いに行き、マジパンの塊(200g)を手に取り、「こんなに絶対使わない…」としばし売り場にたたずみました。
セムラに入っているマジパンは少し緩めで、アーモンドペーストと呼ぶほうが正しいような。(どっちも同じものだけど)

少量しかいらないなら、作る?

材料は3つ。これでセムラ7個分くらいです。

■アーモンド 50g
■粉砂糖 50g
■卵白 小1個分

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記
※写真のアーモンドペーストはセムラ用に材料が少し違いますが見た目は同じ

作ってみると、あら、簡単(1分でできるかも)。
市販のものより美味しいです。

おすすめです。

1)アーモンドと粉砂糖をフードプロセッサーでガーッ
2)卵白を加えてフードプロセッサーでガーッ

以上

※2)卵白の量が多すぎるとシャバシャバ感がありますが冷蔵庫で1日寝かせれば普通の硬さになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


ユウキ アーモンドペースト 400g
ユウキ食品
売り上げランキング: 45,404

大東カカオ マジパンペースト 250g
大東カカオ
売り上げランキング: 72,402

『突撃!隣の朝ごはん』 一人暮らし編

アメリカが-29℃を記録したとニュースで見ました。

わー、寒そう。
南スウェーデン、エーランド島は-6℃です。
「北欧は寒い」イメージ形無し。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

さて、仲良しの同僚(20代後半男性)から「何かお菓子作って映画でも見ながら食べよう」とお誘いがありました。
なんて女子力の高いお誘い。

おう、じゃあ夏に採ったベリーを冷凍してあるから何種類か持っていくわー、とグースベリー、ブルーベリー、リンゴンベリー、ブラックベリーを持参。
なんて北欧らしいラインナップ。

グースベリーとブラックベリーのパイを焼きました。
スウェーデンではパイに欠かせないバニラソースを買うのを忘れたので、ホイップクリームを泡立ててバニラをプラス。

食べながら映画を見たり、ボードゲームをしたり、また映画を見たり、夜食を食べたり、だらだらと大学生のようなフライデーナイトを過ごしました。

さて、翌朝。
「いつも食べている朝ごはん」を作ってもらいました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

小鍋で水とオートミールを煮ます。
アップルムース(ジャム的な)とリンゴンベリージャム、砂糖、アーモンドミルクをかけていただきます。

栄養価が高く、手軽なオートミールはスウェーデンでは一般的な朝食のようです。
そういえば仕事場でも電子レンジで水とオートミールをチンしている人がたまにいました。
うちの旦那さんも朝ごはんにたまにオートミールが食べたくなる、と云っていました。
そういえばポルトガルでお世話になったおうちの朝食もオーバーナイトオートミール。

2018年は我が家もオートミールにしようかな…

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます



IZAKAYA新年会@友人宅

居酒屋に行きたい。

いろんなものをちょっとずつ食べたい。

と以前から日本人の友達と話をしていたので、新年会を兼ねて持ち寄り自宅居酒屋オープン(人の家だけど)。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

から揚げ
しみしみ大根の煮物
ポテトサラダ
キュウリとワカメの酢の物
焼きおにぎり
人参シリシリ

そしてだいぶ以前にカールソン夫人にいただいた梅酒!

2013年に仕込まれた5年物の梅酒。
ロックでマイルドにいただきました。
ごちそうさまでした。

後日、梅酒がしみた梅は鶏肉と炊かせていただきます。(何の報告)

エーランド島、カルマル市内の国営酒屋、システムボラーゲットでは梅酒の販売がなくなってしまったのでみんな大喜びでした。

スウェーデンではスーパーの冷凍食品コーナーで枝豆も手に入るんですが家の近所では手に入らず。(田舎で需要なし)

缶詰のもやしを買っていたのに使うのを忘れたり、
ほうれん草のお浸しも時間がなくて作れず、
自家製納豆を持っていくのを忘れたり、
冷蔵庫にタマゴが足りずダシ巻きも作れずだったりしましたが、十分満足。

から揚げは年末にヨーテボリから帰省していた友人宅にお呼ばれした時にいただいて「やっぱり美味いわ」と作りました。
ファン付きのオーブンだとから揚げが短時間(15分くらい)で1㎏分、カリッと仕上がることが判明。

ファン付きオーブン最高。

ちなみに今回は2段使用。
よそ見していて20分ちょっとオーブンに入れていたらジューシー感は失われていました。

これで迷っていたフライヤーの購入はなしで、オイルスプレーボトルを代わりに買おうと思います。
スウェーデンにもあるのかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


レック DELI オイルスプレー ( オイルミスト )
レック(LEC) (2005-11-01)
売り上げランキング: 14,053

お城でクリスマスディナー@カルマル城

Julbord(クリスマステーブル)という、クリスマス料理がスウェーデン中のレストランでふるまわれるこの季節。
美味しいところは早く予約しないとすぐいっぱいになります。

今年はカルマル城のJulbordに行ってきました。
カルマル城に併設されているレストランは美味しく、なにより雰囲気があります。(お城だから)

クリスマスに一番近い日にちを11月末に旦那さんが予約してくれました。
その時点で12月16日が一番クリスマスに近い日でした。
やっぱり人気。(ストックホルムとかと比べないで)

去年はいっぱいで予約できませんでした。

うわー、行きたかったのにー、と云ったらスウェーデンで一番大きな建築会社に勤めている友達が「会社から行ったで」と。(去年の話)
どうやった、どうやった?と羨ましさ丸出しで聞きました。

が、去年は平日がお安め、金曜日、週末とお値段が高くなっていくブッフェ形式。
友達曰く、いまいち…普段のほうが美味しい…とのこと。

今年はブッフェではなく、コースのみ。
デザート付き(499kr/約7000円)か、デザートなし(399kr/約5600円)かのみ選べます。
ドリンク別料金。
日本円で見ると高く思えますが、ここは北欧、物価はやたらと高いのでこれで普通かちょっと安いかも。
高くはありません。

私はブッフェが好きではないのでコースに変更したスタイル、大賛成。(ブッフェは欲が出すぎて食べ過ぎるから)

コートをかけたら席に案内される前にグロッグ(スウェーデンでは欠かせないクリスマスのホットワインみたいなもの)をいただきます。

我が家が絶賛リノベーション中の私たちは「これはいいアイディア」とお城を参考に(どんな家に住んでるねん笑)

席に案内されてもゴージャスな雰囲気。
あぁ、こういうのたまには必要ー。
と思っていたら、旦那さんが「この水入れるグラス、花瓶みたい」と。

わかる。
応接室とかにあるような花瓶の小さいバージョン。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

さて、パンと小さなサラダが先ず来ましたが、美味い。
パンをバターで焼く伝統的な食べ方だそうですが、美味い。

定番のクリスマスメニューがちょっと工夫された前菜プレートがこれまた美味い。
サーモンのマリネにガトーショコラみたいなのがトッピングされてるのが最高に美味かった。
合うもんだねー。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

メインは鹿肉のソーセージと鴨のステーキ。
鴨が絶品。
レッドビーツのソースが合う。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

悶絶しながら食べていたら、旦那さんが「入口見て」と。
シェフがお客さんの様子を窺いに来ていました。

こんな繊細な味を作るシェフってどんなのー、と振り返ると、ドアより10㎝は高いであろうガタイのいい、斧が似合いそうな男性が仁王立ちしていました。

シェフ身長いくつ?!
2メートルは確実に超えています。
ドアの高さいくつ?

デザートもクリスマス定番のお菓子がちょっと工夫されています。

こういうお食事の時、スウェーデン人はけっこうタキシード的なスーツだったり、ドレスだったりで登場します。
うーん、来年は私たちもスーツとドレスにする?
と提案してみると、意外にも旦那さんが「うーん、いいよ」と。
あ、そう。

ということで、来年はベトナムかタイがインドに行ってスーツを仕立ててクリスマス時期にはそれを着ようか!と云ったら「スーツのためにベトナム行くの?」と云われました。

そうよ。
いかなる時でも旅する機会は逃さない精神で生きております。

話はそれましたが、カルマル城のJulbord、かなりおすすめなので、ぜひ!

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます



ルッセカット焼きすぎました(量ではなく)

慌ただしい。

ベルギーから無事スウェーデンに帰国できたと思ったらスウェーデンはルシア祭
こどもがいるわけではないので何もしませんが、気持ち的に慌ただしい。

ルシアにはルッセカットというサフラン入りの甘いパンを食べるスウェーデン。

うーん。
焼く?

発酵時間も少ないし、成形も適当でいいのでサフランを入れないで普段の菓子パンにいいですよ、このレシピ。(今回はレシピアップしませんが(笑)

サフランあったかな、おっと、ものすごく少ないけどあるわ。
むしろこんな量を残しておいたことが不思議なくらい少ない。

サフランは育てて自家製にしたいんですが、スウェーデンで2年、どうしても球根がみつかりません。
3年前は売ってたとかいう話を聞くので来年に希望を…

私専用で隠しておいたレーズンは留守中に旦那さんにみつかって食べられていました。
なんて奴だ!(隠して持ってる自分のことは棚にあげる)

まぁ、いいか!
ということで焼きました。

サフランが少ないわりにうっすらとでも黄色くなっているので焼く前の段階では悪くない感じです。
レーズンのかわりに、家にあったドライアプリコットとチョコレートをトッピング。
どんどん適当。

つや出しに卵をハケで塗って。
ちょっとよそ見してたら焦げました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

焼き時間7~8分くらいでよかったのかー。
10分ちかく焼いちゃったわ。
新しいオーブンが高性能でまだ使いこなせていません。

ドライアプリコットのトッピングはなかなか合います。
チョコレートよりいいかな。

さぁ、そろそろペッパーカッカも焼かないと。
忙しい…(食べ物ばっかり)

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


サフラン球根 30球セット
売り上げランキング: 38,987

コースでいただくパーティー日本食料理教室を開催しました その4)パーティー当日

誕生日パーティーに招待されたと思っていたら、日本食料理教室の先生として呼ばれていた私。
しかも12人分のコース料理です。
メニューは決まり、手順も計画段階では完璧です。
いよいよ当日!
本番ではどこまでうまくいくのでしょうか。
感動の完結編。

前回まではコチラをどうぞ

コースでいただくパーティー日本食料理教室を開催しました その1)不可抗力
コースでいただくパーティー日本食料理教室を開催しました その2)メニューを決める
コースでいただくパーティー日本食料理教室を開催しました その3)料理手順の詳細計画

———————————-

いよいよ誕生日パーティー当日です。

前々日に買い物リストを送っておいたので「どこで売ってるかわかりません」と云われたものだけを電車に乗る前にカルマルで買っていきます。

*味噌
*ごま油
*ワサビ
*酒

酒はスウェーデンの国営酒屋、システムボラーゲットで購入。
他の味噌、ごま油、ワサビはスウェーデンで一番ポピュラーなスーパーマーケットICAでも購入できますが、駅の近くのアジア食材店で。

ごま油ですが、スウェーデン国内で買えるものは少し日本のものとは違って香りがない場合があるようです。

*Yeo’sの香蔴油
*LEE KUM KEE(李錦記)のごま油

をお勧め。
アジア食材店に行かずともCITY GROSSという大きめのスーパーマーケットでも購入できるはずです。

私は使ったことがないのですが、かつてごま油を探し求めていた日本人によるとブルードラゴンもOKだそうです。

電車に乗って1時間で目的地まで着きますが、ここでも休んではいられません。

そう、私のモットーは「やりすぎ」。

別にやらなくていいことでも「あれば嬉しいかな」ということはやりたい。

お品書きを作成。

紙の角は「かどまる」で切っておいて、リボンを通す穴はパンチで開けてあるので、記入すればいいだけ。(リボンも結ぶ)

揺れる電車の中で記入するという暴挙。
南スウェーデンが平坦でよかったわ。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

わかりやすいように

*お味噌汁
*野菜プレート
*てまり寿司
*鮭

みたいに書いて、それぞれ短い説明を付け足す感じです。

お味噌汁の説明は、Svensk stil(スウェーデン風)。

何、それ?ですが、これでいいんです。

どうしてスウェーデン風なの、と聞かれたときの話題作り(笑)
読んだだけでわかるようじゃ面白くないので話しかけてこい作戦、です。

牛乳大好きスウェーデン人のためにミルク(豆乳だけど)入れました、って感じです。
アボカドにも合うし。

自分が11人のスウェーデン人のスウェーデン語会話に入りやすいようにエサをまいてる感じです。

怖いよー、パーティーでの孤独は。
逃げたくなるだけじゃなくて実際に逃げたこともあるくらいです。

さて、準備万端。

どうやら買い物もリストをみて済ませてくれたようです。
よし、調理時間に余裕ができた!

と喜んでいたけれど…

スウェーデン。
はじめてのお宅を訪問したらまずすることといえば、お宅案内。

忘れてたー!(時間がおしていく)

キッチンをリノベーションしたところでそうで、どこをどう変えたのかから始まり、すべての部屋の案内が始まります。

この窓からは鳥が見えるようにバードフィーダーをあそこに設置してるの、とか
夏になると木が生い茂って森の中に住んでるみたいになるの、とか
今日みたいにお客様がおおぜい来て泊まるときはこのソファーベッドが役立つの、とか

人の家って見るのが好きなので楽しい!

こういう時に自分でリノベーションしている人だと、どの素材をどこで買うのがいいとか、いろんな情報が収集できます。(絶賛リノベーション中の我が家なので興味津々)

お宅案内が終わったら、ランチです。

そうか、こんな感じでサービングするタイプの人なのね、とチェックしながらいただきます。
このテーブルに野菜プレートとてまり寿司が全部のるかな、とか。

スウェーデンの食卓は、好きなものを好きなだけ、の自分でよそうスタイルがほとんどです。
4人くらいだったら大皿に盛られたサラダやら、オーブンで焼かれた何かやら、付け合わせのソースやら、全部がテーブルにのっていて、好きに自分のお皿にとる感じです。

人数が増えると、スターターがサーブされ、メインを含む残りは別テーブルにブッフェスタイルに置かれ、各自取りに行きます。

日本によくある「まだ奥にあるからね」とかいうのはなく、テーブルに出されているのがすべてです。
それをパッと見て、各自がこの量でこの人数ならこれくらいが一人分かな、と割り出します。

全員に行きわたるように、多すぎず(取りすぎても後で他の人にわけるとかはナシだから)、少なすぎず(セカンドラウンドがなかったらお腹が空くから)見極める。

結構頭を使うスタイルがスウェーデン流。

さぁ、ランチをゆっくり楽しんだら14時過ぎです。
よかった、事前に買い物済ませてくれてて。

家で作った料理の写真を見せて、イメージトレーニングしてもらいます。

わー、盛り付けがきれいねー、
わー、これは何?
わー、こんなに細かく切るの?
わー…

大丈夫!できます。

まずはガリ。
計算では350gくらいで12人分かな、と思っていましたが200gしかありませんでした。
取り分が少なくなるだけなので、全然大丈夫。
なんならスライスの時間が短くなっだのでいいくらい(笑)

ふむ、私はいつも量り売りのショウガばかり買っていたけど、パックになったショウガは少し新ショウガみたいな感じで味が浸みやすそう。
これはいいことを知った。

私がショウガの皮をむく間に、ガリのつけ汁?を作ってもらいました。
それが終わったらショウガをスライスしてもらいます。
その間に、アシスタントには皮むきが必要な野菜の皮をむいてもらいます。

上手にスライスできてるわー、この人は包丁大丈夫かも、と思って「どう?」と声をかけました。

あー、ありがとう!代わってくれるの?
薄く切るの大変ねー!

あ、そうだったのか。
大変だったのか。
でも上手だけどな。

私がショウガをスライスする間に、西京焼きの漬けダレを混ぜてもらいます。

スライスしたショウガを味をしみさせるため軽く茹でて、絞って、つけ汁につけこみます。
一品終わったよー。

アシスタントは鮭の水けをキッチンペーパーでふき取る作業。

いい感じのサイズに切られて一切れずつパックされた冷凍サーモンで手間いらず。

生徒さんがサーモンを西京焼きの漬けダレにつけている間に、私は皮が剥かれた菊芋をサイコロにカットしてお味噌汁の準備。
アシスタントがお米を洗ったところで、声がかかりました。

Fika(お茶)にしましょう。

おおおおおおおおっーーーーー!

来た!
フィーカ!(時間あるのか?)

スウェーデンで絶対にかかせないことといえばフィーカ。

はーい、私薄めのコーヒー、ミルクたっぷりでお願いしますー。(スウェーデンのコーヒーは濃い)

シナモンロールとクッキー出てきました。
定番だわー。

私はビールをたくさん飲む予定なのでお菓子は控えめに(笑)

和やかな感じでフィーカは進みますが、さすが誕生日の主役、パーティーの料理が間に合わないといけないのでいい感じに切り上げます。

これはいい。
私が全部仕切らなくていいっていうのがいい。

さぁ、フィーカ休憩あとは私がごはんをお鍋で炊くところからはじまります。
生徒さんはすし酢を作り、アシスタントは人参をチーズおろしでおろします。

アシスタントには続いてキュウリをピーラーで薄切りしてもらいます。
が、ここで衝撃なことが。

キュウリは皮をむかずピーラーでむく?ことで薄い緑に濃い緑のフチができてきれいなんです。

が、ピーラーで均等にむくことができないようです。

なんということでしょう。
ピーラーなら使い慣れていると思いましたが、皮をむくことは慣れていますが、デコレーション用に均等な薄さにすることはしないのでした。

なので、アシスタントには薄焼き卵を焼いてもらうことに。

生徒さんの作ったすし酢に、三角に切ったパプリカ(長くて皮が柔らかめのもの)を漬け、キュウリをピーラーでむき、戻しておいた干ししいたけを細かく切り、余った人参と余ったパプリカ、余ったキュウリも細かく切ります。(もったいないし、無駄を出す料理だと思われたくないので全部ごはんに混ぜます)

その間生徒さんにはごま和えのタレ?を作ってもらいます。

あら、お米がいつまでも炊きあがりません。
やばい、火が弱かったのか。
20分で炊きあがるはずが40分ほどたっても水分が…
まずい、おかゆになったらどうしよう、とそっと火を強く…

青菜はインゲンもしくはオクラの予定でしたが、なんとアジア食材店で生のオクラが手に入り、生徒さんも冷凍のオクラを見つけていました。

オクラはどうやら初めてのようです。
切り口が可愛いので選びましたが、ネバネバは大丈夫かな(笑)

オクラを茹でている間に、お米がなんとなく炊き上がりました。
げ、ちょっと失敗してるわ。
ネチネチした感じになってる。
ちょっと広げて水分をとばそう。

こっそりとお米の水分をとばしている間に、茹でたオクラを和えます。

胡麻和えと鰹節和えの2種類。

生徒さんはすりたての胡麻のにおいにうっとり。
たくさん入れよう!とゴリゴリと胡麻をすってかけます。

はじめての鰹節に興味津々。
においをかいで爆笑。
ひとつまみくらいしか入れようとしないので、横からバフッと入れると叫んでいました。
ははははは!
知らないで食べると多分おいしいよ!

人参を炒めて調味料、卵を入れて人参シリシリを作ってもらっている間に、いい感じに水分が飛んだお米にすし酢プラスちらし寿司の具を混ぜます。

ラップを広げて、具を敷き、ごはんをのせて、茶巾に絞るのを見せて、同じようにやってもらいます。
簡単簡単。
あーよかった。
エーランド島の名物料理、クロップカーカに作り方が似てるそうです。
へー、あれはこうやって作ってるのか。

その間にお味噌汁も仕上げます。
私はささささっとお皿に格子キュウリをデコレーション。

オーブンを温めはじめる頃にはすべての準備完了。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

みんなが来るまで30分余裕があります!

やったわ!
私たちできたわ!

そしてパーティーはシャンパンからはじまりました。
席についてからも誕生日のホストとその旦那さんが上手に料理をサーブしてくれます。

お味噌汁、どうかな。
珍しくておいしいと評判よし!
みんな飲み干しています。

ジャマイカ出身のゲストが一人いて、オクラが懐かしいと大喜び。
他の人は食べたことがないようで、どこで買えるのか、美味しいから種どりをして育てようなど盛り上がっています。

人参シリシリは鉄板の大評判。

てまり寿司の具が野菜だということも好評。
生魚が苦手な人もやはり多いようで、こういうお寿司はじめてで美味しいとのこと。

で、気が付けばメインの西京焼きがサーブされていました。

そう、私はパーティーがはじまってから一度もキッチンに行っていません。
手伝えよ!と自分にびっくり。
でも用意は全部できていたので気の利くゲストがウエイター役を買って出てくれていました。

91歳のゲストもいましたが、フルサイズで全部ぺろりと食べていただけました。

食事中と終わりと料理を教えた私のために2回もスコール(乾杯)をしていただきました。

人にここまで感謝されたりほめられたのは久しぶりで、最近危うかった気持ちも持ち直しました。
単純(笑)

鰹節も食べればおいしかったみたいでよかった(笑)

めでたし めでたし

そしてお酒が入るとスウェーデン語がペラペラ出てくること判明。
「躊躇」とか「恥ずかしい」とかが遠くに薄れるせいでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


サンスター文具 コーナーカッター かどまるPRO S4765036
サンスター文具 (2012-01-17)
売り上げランキング: 140

コースでいただくパーティー日本食料理教室を開催しました その3)料理手順の詳細計画

誕生日パーティーに招待されたと思っていたら、日本食料理教室の先生として呼ばれていた私。
しかも12人分のコース料理です。
メニューは決まりましたが、「料理教室」だということを忘れてはいけません。
パーティー開始までに調理が全部終わらないといけません。
手順はどうするのか!

前回まではコチラをどうぞ

コースでいただくパーティー日本食料理教室を開催しました その1)不可抗力
コースでいただくパーティー日本食料理教室を開催しました その2)メニューを決める
———————————-

*豆乳入りベジタブル味噌汁

*人参シリシリ
*青物の胡麻和え

*野菜の手毬寿司

*鮭の西京焼き

パーティー日本食は上記メニューに決定。

生徒一人(友人アシスタント一人)に教えながら12人分を調理するため、一度作りながら「この作業はもっと簡単に」とか「これをまかせてる間にこれは私が」とか考えます。

味を浸み込ませたいものを先ず最初に仕込みます。

*ガリ
*西京味噌

このふたつは一番にやるぜ。

———————————-

1)スウェーデン人大好きガリ。

スウェーデンで一番ポピュラーであろうスーパーマーケットのICAでも取扱っているブルードラゴンというアジアフードシリーズでもガリは売っています。

まぁ、でも簡単なので作ります。(買えばラクできるのに)
新ショウガとかが望める環境ではないので、普通のショウガでOK。
時間がかかるのはスライスかな。

スライサーを使ってみましたが、ショウガによっては繊維がひっかかって薄く切れません。
包丁はなるべく使わせたくないんですが、これくらいはやってもらおう。
で、あかんわ、と思ったら私がやる。

■ガリ 予定調理時間30分(あくまで予定)

どうよ、包丁を使うので多めにとったぜ。
食べるまでの5時間くらい漬け込めば十分でしょう。
はい、一品終了(付け合わせだけど)

———————————-

2)鮭を西京味噌に浸ける

スウェーデンで売っている「みりん」が変な味に思えます。
が、日本でみりんだけを味見したことはない気がするので不確か。
だけど何か味が違います。

ということで「みりん」は白ワインとハチミツを合わせて作ります。(買えばラクできるのに)

味噌はスウェーデンで一番ポピュラーなスーパーマーケットICAでも「shiro misso」という白味噌が買えますが、使ったことがないので味がわかりません。

カルマルにあるアジア食材店でマルコメのおかあさん味噌を購入していくことにします。

■西京焼き 予定調理時間30分+焼き15分

これは漬け込みさえすればあとはオーブンで焼くだけ。
はい、メイン終了。

パーティーの形式がブッフェスタイルなのかどうかは謎ですが、メインくらいは一皿ずつ盛り付けてもいいんじゃない?と勝手に計画。
だってパーティーですから。

見た目難しそうですが、実は簡単なデコレーション「格子キュウリ」を添えて家で出してみました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

うちの旦那さんは私がこういう小細工をするのに慣れているんですが、これを不器用な人でもできるかどうか確認。

できるやろ。
ということでデコレーションも決定。(←これが本番驚くことになります)

———————————-

3)米を炊いて、その間にすし酢を用意

家なら炊飯器を使うんですが、きっとお伺いするお宅には炊飯器なんかないであろう。

手毬寿司、一人2個でどうだ?
と旦那さんで実験してみたところ、3個が妥当かな。

えー、3個かー。
具の野菜どうするかなぁ。

アボカド
薄焼きタマゴとキュウリ
マリネしたパプリカ

が彩り的にもいいかも。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

酢飯と野菜の組み合わせにパンチがなかったので、ちらし酢飯に変更。(←ここで手毬寿司からちらし寿司に変更すればよかったと後で思います)

■ゴハンを炊いてすし酢を用意 予定調理時間30分(あくまで予定)

お鍋でゴハンを炊くのは1合の時しかやらないので、今回の4合は多少不安がありますがなんとかなるやろう!(←大誤算)

———————————-

4)人参シリシリ&青物の胡麻和え

人参シリシリは千切りせずにチーズおろしでガーッとやるので簡単。
調理自体は10-15分でできるに違いない。

胡麻和えの野菜をどうするか。

インゲンが一番ラクかな。
日本っぽく、もしオクラが手に入ったらオクラにしよう。

これも茹でて和えるだけなので簡単。

■野菜プレート 予定調理時間30分

———————————-

5)手毬寿司

ラップを使ってクルクルっとするだけ。

ただ、一人3個×12人=36個。

載せる具はささっと私が用意して手毬にするのを手伝ってもらえばいいか。(←料理教室なのにただのお手伝い扱い(笑)

■手毬寿司 予定調理時間40分

流れ作業で座りながらできるしこんなに時間はかからないかな。

———————————-

6)豆乳入りベジタブル味噌汁

普通のお味噌汁に豆乳を投入(ここはダジャレ云っとかないと)。
具はプチトマト(切らなくていい)、菊芋(サイコロに私が切る)、アボカド(私が切る)はトッピング。

■お味噌汁 予定調理時間20分

———————————-

さぁ!
予定では3時間15分で完了。

細かく切るところは私が全部やれば時間短縮。

スターターのお味噌汁の後は2品続けて作っておいたものを取ってもらえばOK。
メインの魚はオーブンで焼いてデコレーション済みのお皿に載せれば完成。
これでパーティー中もほぼ手間いらず。(←本番での自分にびっくりしたところでもあり。)

計画では完璧です。

レシピを書き上げて、買い物リストに数量も入れて、準備は完璧!

いざ本番へ!

————————-
気になる続きはコチラ

コースでいただくパーティー日本食料理教室を開催しました その4)パーティー当日

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


手毬寿司 小料理のどか屋 人情帖 : 4 (二見時代小説文庫)
二見書房 (2012-08-24)
売り上げランキング: 142,567