オープンスペースのリノベーション 床の色決定

私は目標を立てるのが好きです。
今年の抱負とかいうのも欠かさず考えているようです。

が、大抵の目標は驚くほどどうでもいいことです。

高校時代の親友に今でも云われるくだらない目標のひとつを例にすると

・エスカレーターの乗り降りに手すりをつかわない

というもの。

そんなん目標にせんでもできるわ、と親友はゲラゲラ笑いますが、私は未だに目標達成できていません。

私は下りが苦手で、階段を降りる時に手すりを持たないと多分落ちます。
山を下りるのも苦手で、よく足を滑らせています。

足の裏がバナナの皮でできているのかもしれません。

脱線しましたが、今年も上記のようにくだらない目標をたくさんもっている私。

そのひとつに、パンは買わないで焼く、というものがあります。

結構まともな目標だと思います。

せっかく大きなオーブンが家にある(スウェーデンスタンダード)し、素晴らしく活きのいいサワードウ酵母も手に入れた(カールソン夫人)のでパン作りが生活の一部に組み込まれた暮らしがしたいわー、と。

まぁまぁ納得できるパンが焼けてきた今日この頃。(成形は相変わらずいまいち)
そういえばstaubみたいな鋳物鍋でパンを焼くとものすごく美味しいらしいというのを思い出しました。

やってみました。

そうか、外がカリカリってこんな感じか。
いつもよりパリッとしてるかな。

中がもちもちってこんな感じか。
いつものレシピでも十分モチモチ。

唯一失敗したのは、鍋に油もひかず、クッキングペーパーも敷かなかったことです。

パンがくっついてはがれやしない。

底はあきらめてパンを4つに切り分けむしり取りました。

気づかれないだろうと思っていました。
しかし旦那さんがそのパンを見て「大きなパンくず」とのたまった。

さすがにそれは失礼では、とパンかごを改めてみたら大きなパンくずでした。
今週のパンをまた焼かねば…
我が家では週に2回、合計2㎏のパンを焼きます。(二人暮らし)
世間では普通の量なのだろうか…

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

さて、オープンスペースの床の色を決定。

木目が少し透ける感じの白です。
爽やか、かつ田舎風。(実際田舎だけど)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

旦那さんが「透ける感じ」にすると昔云っていたはずなのに、お店で店員さんと話しているとどうもべた塗りっぽくて口をはさみました。

旦那さん曰くうちの床材に塗れる方法が見つからないとのこと。
店員さんに床材の説明、床下の断熱材の説明などをしていると「できるよ」とのこと。

おお!やはり専門家はいろんなことを知っている。

ということで透ける感じの白にします。

一気にオープンスペース全部の床をやってしまわないといけないので、一日フルで使います。

・まずは壁を全部塗り終えること。
・下地を塗る(乾燥1~2時間)
・本塗り(乾燥6~8時間)
・仕上げラッカー塗り(乾燥2時間:人が歩いてもOK、8時間:家具を引きずってもOK)

うちのおじいちゃん猫ギズが理解できるとは思わないので家に入らせないようにしないといけません。

材料はそろった。
庭でキャンプできる日に決行。

オープンスペースのリノベーションシリーズはこちら↓

オープンスペースのリノベーション 壁と天井を塗る準備
オープンスペースのリノベーション 天井パテ埋め
オープンスペースのリノベーション 終わらない天井&壁のパテ埋め
オープンスペースのリノベーション 天井を塗る
オープンスペースのリノベーション 壁に下地壁紙を貼りました
オープンスペースのリノベーション 壁の色決定&色を調合&テスト塗り
オープンスペースのリノベーション 壁の色変更&差し色決定
・オープンスペースのリノベーション 床の色決定

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます



広告

オープンスペースのリノベーション 壁の色変更&差し色決定

家にテレビはないんですが、Youtubeを聴いていると(仕事中の作業用なので見ることはない)途中にコマーシャルが挟まれます。

Volvoのコマーシャルソングがいつもツボです。
いい曲使ってるわー。

こっちはスウェーデン語ですが、全然わかりません(笑)

さて、この間テスト塗りした「アヒルの卵」色の壁、違う色に塗りなおすことにしました。

私と旦那さんが探していた色は碧のようで緑のような色。
アヒルの卵色は思ったよりも碧く、壁を三面塗ったら金沢21世紀美術館のスイミング・プールにいる気分になりました。

意外とどんな色とも合うので安心しかけていましたが、いや、スイミング・プールはイメージと違う。

可愛いんですが、これは一面だけに使うのがいい色だわ。

前回バウハウスで調合してもらいましたが、今回はセカンドオピニオンということで壁紙、ペンキの専門店に行きました。

専門店のほうが詳しいんじゃないの、と「最初からこっちにすればよかったのに」という思いを込めて旦那さんに聞いてみました。

バウハウスでも一緒、とのこと。
そうね、担当者によるかな。

バウハウスより専門店のほうがよかったところは色見本のサイズが大きい。
サイズが大きいと広い面積を塗るイメージがしやすいです。

一度塗っているので「これは濃くなる」というのが何となくわかります。(お義父さんと奥さんから何度も聞かされていましたが身をもって知った感じ)

今回選んだ色は緑味が多め。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

ペンキだけ見ると全然色がないように見えますがこれくらいがちょうどいい。

前回の色の上に塗ってみました。
前回が青すぎて新しい色が目立ちませんがこれくらいがちょうどいい。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

塗って数日。
最初、前回のアヒルの卵色のような感動はなかったんですが、居心地がいい。

お義父さんの奥さんが色を見に来て、どちらの色も絶賛。
でしょう、悩んだ末の選択ですから。

アヒルの卵色は夕方にはいい色ですが、朝方には濃すぎて見えます。
光の入り方でずいぶん左右されます。
ということは暗めの北側の部屋にはいいのでは…

オープンスペースのメインカラーは今回の色で決定。

ついでに差し色の紺もテスト塗りしました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

写真だと黒っぽいんですが、実際は黒板の色によく似ているような。
なんとも落ち着きます。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

お義父さんの奥さん、この色も大絶賛。

ヌテラ作りの際の写真背景はこの差し色壁。

家の中の光の差し方を朝昼晩と見て、この濃さは大丈夫なのかじっくり判断。

窓枠の色が入ると重みは軽減されるはず。

これでいきます。

ダメなら何度でも塗りなおせばいい。

この壁の前に置くソファは何色にしよう。
テーブルは何色にしよう。
注文したフロアーランプと合うかな。

最近空想ばかり。

オープンスペースのリノベーションシリーズはこちら↓

オープンスペースのリノベーション 壁と天井を塗る準備
オープンスペースのリノベーション 天井パテ埋め
オープンスペースのリノベーション 終わらない天井&壁のパテ埋め
オープンスペースのリノベーション 天井を塗る
オープンスペースのリノベーション 壁に下地壁紙を貼りました
オープンスペースのリノベーション 壁の色決定&色を調合&テスト塗り
・オープンスペースのリノベーション 壁の色変更&差し色決定

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます



ターナー色彩 マグネットペイント 500ml
ターナー色彩
売り上げランキング: 27,465

オープンスペースのリノベーション 壁の色決定&色を調合&テスト塗り

太陽と風の島、エーランド島。

太陽がさんさんと差し込む家の二階の南(寝室)はポカポカ。
おじいちゃん猫ギズがいびきをかきながら昼寝。

北(仕事場)は窓の隙間から風が入り込んで陽も当たらず。(この窓だけ断熱まだだった)
足が冷たくて、靴下2枚重ねも効かず、セーターにポンチョまでかぶってブルブル震えながら仕事する私。

仕事場、南に移せばいいんじゃ…

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

さて、家の内装を決めるのはとても楽しい作業です。
が、悩みます。

オープンスペースの壁の色は

・冬でも寒く感じない
・冬でも暗く感じない

と長い冬を基本として決定しました。

こんな色がいいなぁと思ってもいざ壁一面という面積に塗ると主張がすごかったりします。

緑のようで碧のようでもある色が好きで、近い色を調合してもらうことにしました。
見本の色を(スウェーデンでは)お近くのバウハウスに持っていくと機械で色を読み取ってくれて調合してくれます。
が、私たちの色はうまく読み取れなかったので、自分たちでカラー見本帳と照らし合わせました。(最後は人力)
缶とかピカピカしているものは最初から読み取れないからと断られるので、見本は紙がいいかも。

アヒルの卵、という名前の色です。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

これだけだと甘いかもしれないのでキリッとさせるために紺色か何かを一面いれようかと考え中。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

玄関入って右がアヒルの卵色、真ん中の柱は白のままで、左の奥を紺色か何か、と考えていて気が付きました。

うちのおじいちゃん猫ギズが愛用しているブランケットは私が織ったんですが、全く同じ配色。

ははは、悩んだ割には一貫性があったみたいです。

今回テストで塗ったので、数日この色を見ながら暮らしてみて「いけそう」と思ったら他の壁も塗ります。

ちなみに二度塗りは鉄則。
一度塗りだとムラだらけです。

刷毛は刷毛目が目立つのでローラーがおすすめ。
端から塗って、乾く前に隣に塗り重ねる感じがいいようです。

オープンスペースのリノベーションシリーズはこちら↓

オープンスペースのリノベーション 壁と天井を塗る準備
オープンスペースのリノベーション 天井パテ埋め
オープンスペースのリノベーション 終わらない天井&壁のパテ埋め
オープンスペースのリノベーション 天井を塗る
オープンスペースのリノベーション 壁に下地壁紙を貼りました
・オープンスペースのリノベーション 壁の色決定&色を調合&テスト塗り

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


アヒル飼いになる―飼い方から実例、しつけ、卵レシピまで
平林 美紀
誠文堂新光社
売り上げランキング: 426,901

スーパーで買った山芋を植えてみました。

そろそろ畑を耕したい。
けど寒い。

畑予定地に生えていたポピーを移動させました。
株分けみたいなことをしましたが、ちゃんと根付きますように。(調べず適当にやりました←調べろ)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

ストックホルムのアジアスーパーマーケットで山芋を買いました。(2月)

なくなったら次はいつ食べれるのかわからないので、ケチケチ食べながら考えていました。(どんだけ長持ち)

これ、このヒゲみたいなのは根っこやんなぁ。
植えたらどうなるんやろう…

調べてみました。

山芋(長芋)は種芋から育てるようです。
が、50gくらいに切った山芋からも芽がでるようです。

冷蔵庫に長く居すぎたけど大丈夫でしょうか。

芋の先端がいいようですが、これはどこかわかりません。

うーん…

とりあえず埋めてみよう。(犬か)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

エーランド島はちょっと掘ると地面を覆う石が出てきます。
なので畑の開拓はなかなか大変。

穴を掘るより、底上げしたほうが楽なのは経験上知っています。

これは袋栽培がいいに違いない!

ということで、培養土が入っていた袋に畑の土を入れ、山芋の周りだけ培養土を。(培養土が足りなかっただけ)
土をかぶせて、水をやって、完了。

日当たりはよく、しかし時間によって日陰ができる場所に袋を置きました。

育て!
山芋!(サツマイモはツル栽培なのを知らずに失敗した経験あり)

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます



オープンスペースのリノベーション 壁に下地壁紙を貼りました

ブルーシッパが咲きはじめました。
スキッラという青い花もつぼみがブンブン膨らんできています。
春の野の花をひとつ見つけるたびにパーッと笑顔になるスウェーデンの春。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

さて、ポスク(イースター)期間中にいい感じに進んだオープンスペースのリノベーション。

壁に下地用壁紙を貼りました。

壁は

1)木の表面を均す(昔の家なので木がでこぼこ)
2)断熱材を入れて、紙で表面をおさえる
3)プラスターボードを貼って
4)継ぎ目とネジ穴をパテで埋めて
5)やすりで表面を平らにして
6)4)5)を気が済むまで繰り返して(凹凸を感じなくなるまで)
7)浸透用の接着剤を薄く塗り
8)接着剤を塗って下地用壁紙を貼る
9)その上に本壁紙を貼るか色を塗る

という手順になります。
3年半前にエーランド島に来たときは1)の前の段階で木がむき出しでした。
昔の壁紙がところどころに残っていたりしました。

さて、乾いた壁に接着剤を塗ると全部吸い込んでしまって壁紙がはがれやすくなります。
なので、まずは壁に接着剤と水を1:1で薄めた浸透用の接着剤を薄めに壁に塗ります。

ローラーに軽く接着剤をつけ、要らない板の上で転がして前面にまんべんなくつけてから壁に塗ります。
スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

まんべんなくつけたようでいてムラがあり、塗ると薄すぎるところがあるような…
と思って塗っていましたがコツはすぐにつかめました。

一晩乾かしたら下地用壁紙を貼ります。
これは2人作業がいいということで旦那さんと作業。

私は長さや幅を測り、壁紙を切る。

旦那さんは接着剤(前日に使っていたものとは違い薄めずにそのまま使えるもの)を壁に塗る。
コンセントなどがあるところはカバーを外します。

餅つきの要領で(その例え)

「(壁紙)切った?」
「(接着税)塗った?」

と声を掛け合い、上で旦那さんが位置を決めたら私が貼ってある壁紙に沿わせて軽く押さえていきます。

「(隙間ができたから)ちょっと押して」
「(おさえていない側に空気が入ったので)抜いて」

と協力しながら上から下まで貼ります。

古い家なので、壁の高さが場所によって違う我が家。
一番低いところと高いところは数センチ差があります。

なので壁紙は上下に少し余裕をもって準備。
貼ってから切りそろえます。

この下地用壁紙が少し厚みがあり、コーナーを貼る時にぐしゃっとなりやすい。
でもしわにはならず伸びます。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

この壁紙、日本語でも説明が書いてあります。
「凹凸部分のパテ処理は不要です」
とあるので、じゃあ二階のパテ処理していないプラスターボードの上に貼れるのか!
と喜んで旦那さんに「ここ読んで」と報告。

書いてあるけど、ここ見て、と壁の一部を指さす旦那さん。
気づいてなかった壁の凹みの上に貼った壁紙。
凹んでるって一目でわかるわ…

でも下地用なので重ねて貼ったら目立たないのかも?(テストしてみます)

パテで埋めた壁が透けて見えます。
上から塗るから別によし。

しかし、壁紙を貼っただけで部屋が明るく広く見えます。

部屋が明るいって素晴らしい。
壁の色を紺とかでもいいわー、と思ったりしましたが明るいほうが絶対いい。(精神的に)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

キッチンの壁はまだこれからです。(キッチンプロジェクトはどうなったんだろう…)

オープンスペースのリノベーションシリーズはこちら↓

オープンスペースのリノベーション 壁と天井を塗る準備
オープンスペースのリノベーション 天井パテ埋め
オープンスペースのリノベーション 終わらない天井&壁のパテ埋め
オープンスペースのリノベーション 天井を塗る
・オープンスペースのリノベーション 壁に下地壁紙を貼りました

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡
求龍堂
売り上げランキング: 364,761

オープンスペースのリノベーション 天井を塗る

イースター4連休で我が家のリノベーションが格段に進みました。(まだまだ終わらないけど)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

うちは2階建て(2階は屋根裏ともいう)です。

キッチンとバスルーム以外はオープンスペース。
オープンスペースというと聞こえはいいが、ゲストが来てもオープン。

それはいいとして、1階のオープンスペースの天井を塗りました。

天井は

1)プラスターボードを貼って
2)継ぎ目とネジ穴をパテで埋めて
3)やすりで表面を平らにして
4)2)3)を気が済むまで繰り返して(凹凸を感じなくなるまで)
5)下地を塗って
6)本塗りを2度ほどする

と完成です。

4)までの道のりの長かったこと。(さっさとやればできる)
私が3年半前にスウェーデンに来た時で1)の状態だったような…
そして3)ででるパテの粉が、細かい粉が、布で遮っていても、飛び散る、舞い散る。

あの何もかもがダストにまみれた日々も終了。
もう二度と戻ってきてほしくない。(二階の壁が二面プラスターボードむき出しです…)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの

あと一回本塗りをしたら天井終了。

あみだくじのようだった天井は真っ白に。(天井が低いので高く感じるように白です。)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記
光が当たると5)の下地と6)の本塗りの差は歴然。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記
左が下地(安い)で右が本塗り(ちょっと高い)です。
塗り重ねているのもありますが、ローラーの跡が全く見えません。

あぁ、素敵。

ちなみにローラーは窓からの光が差し込む向きに一定方向で塗るのがコツのようです。
刷毛目が目立ちにくいそうです。

オープンスペースのリノベーションシリーズはこちら↓

オープンスペースのリノベーション 壁と天井を塗る準備
オープンスペースのリノベーション 天井パテ埋め
オープンスペースのリノベーション 終わらない天井&壁のパテ埋め
・オープンスペースのリノベーション 天井を塗る
オープンスペースのリノベーション 壁に下地壁紙を貼りました

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます



ロックペイント 水性シーラー 多用途下塗り ホワイト 0.7L H33-1501-03
ロックペイント
売り上げランキング: 38,063

オープンスペースのリノベーション 終わらない天井&壁のパテ埋め

雪が降りやんだ今日この頃。
明日はまた降るそうです。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

終わらないリノベーションに白目をむいた2017年。

一部屋でも終わらせたい2018年。(どんどんと希望が低くなっている気がする)

さて、オープンスペースの壁と天井を削って段差をなくす作業、実は2017年夏前からやっています。

いつ終わるんだろう。(考えてはいけない)

なぜ一気にやってしまわないんだろう。(考えてはいけない)

さて、今度こそ一気に終わらせるわよー!
と私のやる気を見せました。

作業を一緒にするのが一番ではなかろうか。(隙あらば自営業を優先するので、本当に同時に作業しないとうちの場合意味はない)

ということで、私が壁、旦那さんが天井ということで作業を開始。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

パテが乾いたら紙やすりでなめらかになるまで削ります。
指先ですーっと撫でて、微妙な凹凸を見つけたらもう一度パテ。

一か所につき、すでに7回は同じ作業を繰り返しています。

夏はパテが乾くのも数時間でしたが、冬は一日経たないとダメです。

「できましたー」と旦那さんに報告するとチェックが入ります。

指先ですーっと撫でて、「ここ、まだ」と。(お姑さんか!)

「これ、終わるんか?」と聞いてみたら「何でも終わりは来る」とか答えられます。

そこは無視して話を進めます。

最初に天井塗って、次に壁、そして床。
全部塗ったら家具を設置。
あぁ、楽しみねー。(無邪気に圧力もかけます)

すると翌朝、壁の塗りもしくは貼りについて選べます、と旦那さんが。
何それ、初耳。

1)パテを限界までなめらかになるまで繰り返し磨いて色を塗ったり、壁紙を貼る。
2)パテをいい感じになるまで磨いて、下地用の壁紙を貼って、その上に色を塗ったり壁紙を貼る。

2)の良い点は

・多少物をぶつけてもクッション的役割を果たすので神経質にならなくてもいい
・下地用の壁紙があるので、凹凸が目立ちにくい

ふーん、どうやらいいことばかりじゃない?

1)は

いくらなめらかになるまでパテを磨いても、光が当たる加減で凹凸が目立つ。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

※これは旦那さんがパテを塗っては磨いて、を10回以上繰り返したバスルームの壁です。
凹凸が見えます。電気の配線もむき出しです。

1)のいいところはないようなので、2)で。

粉が舞って、顔が痒い最近。
これでパテ磨きのループから逃れることができます。

「もっと効率よくできないのか」という意見も大事。
人と一緒に働くというのは色々学びます。(どうした)

オープンスペースのリノベーションシリーズはこちら↓

オープンスペースのリノベーション 壁と天井を塗る準備
オープンスペースのリノベーション 天井パテ埋め
・オープンスペースのリノベーション 終わらない天井&壁のパテ埋め
オープンスペースのリノベーション 天井を塗る
オープンスペースのリノベーション 壁に下地壁紙を貼りました

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


リリカラ 壁紙10m 北欧 花柄 グリーン Casual LW-2823
リリカラ
売り上げランキング: 375,608

キッチンのベンチを作る その4)ハンドル見本をいくつも作る

冬の食器洗いが嫌いです。
なぜなら家の中に食器を洗うところがないから。

食器を外に運んで、
つけ洗い、すすぎ用のお湯を運んで、
洗った食器を家の中に運んで、
といういつもの作業ですが、冬は足元が冷えます。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

キッチンベンチができるのが待ちきれないまま、早くも3度目の冬。

さて、キッチンベンチの下の収納部分に扉や引き出しをつけます。
そのハンドル部分をどうするか、ということで旦那さんが5種類のハンドル見本を作りました。

※2枚の写真の上3つは同じものになります。
スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

シンプルな3つは幅と高さを変えて。
ちょっとモダンな2つは溶接が必要です。

モダンなものは多分扉への取り付けが難しくなること。
そして少し出っ張っている部分に服がひっかかるかもしれないこと。
錆加工をしないといけないこと、と手間がさらにかかります。

私と旦那さんとで好きな順に並べてみましたが、見事にかぶりませんでした。
実際に扉につけてみないとわからないような…

こうして決定に時間がかかり、また次の冬が来るのではないかと震える日々です。

キッチンベンチシリーズはこちら↓

キッチンのベンチを作る その1)本当に一から
キッチンのベンチを作る その2)脚の高さ調節
キッチンのベンチを作る その3)ドアと引き出しの枠

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます



キッチンのベンチを作る その3)ドアと引き出しの枠

IKEAの創設者、Ingvar Kamprad(イングヴァル・カンプラード)がこの間の日曜日に亡くなりました。
彼の生涯を改めて読みました。
行動力。
見習いたい。

しかし残念ながら我が家はIKEA禁止です。(こないだこっそりとデザイナーコラボレーションのキャリーバッグ購入したけど、クラフトマンにはこういう人他にもいると思います。)
キッチンの動線を考えて、キッチンベンチを旦那さんは自分で作っています。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

キッチン内は左から(ベンチ外)

・調味料や小麦粉などを置くスペース
・オーブン付き4口コンロ(スウェーデンスタンダード)を設置します。

そこから部屋の端までキッチンベンチが続きます。

・コンロの横にはカットしたりするスペースがあります。
その下の引き出しにはフライパンや鍋を入れる引き出しが3つ

・丸いシンクが二つ
その下には開き戸があって、生ごみ、プラスチックごみなどを収納します。

・カットしたりするスペースが再び。
二人作業の時に役立つはず。
その下は食洗機(スウェーデンスタンダード)置き場。

・一番右のスペースはなんだったか忘れました。電子レンジとか置くのかな。
その下のスペースもなんだったか忘れましたが開き戸が付きます。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

それぞれの扉に色を塗ったオーク材をはめこみます。

が、色がなかなか決まりません。

グレーすぎると面白味がないから、とブラウンっぽいのや白っぽいのなど色々試し中。
シルバーが多いので少し明るめの色にするのがいいのかも。

キッチンのベンチシリーズはこちら↓
キッチンのベンチを作る その1)本当に一から
キッチンのベンチを作る その2)脚の高さ調節

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます



キッチンのベンチを作る その2)脚の高さ調節

在宅ワーク用にデスクを二階の窓辺に設置してもらいました。
快適。

仕事をしていると、屋根からガンガン音がします。
何だ?と外に出て屋根を見ると、カラスが何かをくわえていてその殻を割ろうと屋根に打ち付けていました。
響くからやめてー、と目で訴えると飛び立っていきました。(何の話?)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

さて、キッチンのベンチですが、横軸にも補強のメタルを溶接したのでしっかりしています。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

そして、床は必ずしも平行ではない、ということで脚の高さ調節を取り付けてあります。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

わかりやすいように並べてみました。

一番右がパーツをバラバラの状態。

真ん中が組み立てる感じです。
一番下の円いのにボルトを逆さにして溶接します。
そしてナットはベンチの脚の中に溶接します。

左がベンチの脚に取り付けてある状態です。

ベンチがガタガタする場合はボルトで高さを調節します。

まだまだ溶接は続きます。

キッチンのベンチ作りシリーズはこちら↓

キッチンのベンチを作る その1)本当に一から

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


uxcell 家具 高度調節 継脚 金属足  4個入り
uxcell
売り上げランキング: 37,629