スウェーデンの知恵袋 その2 車の給油口

ものすごく生活に役立ちそうな気がするタイトルですが、私が知らなかっただけで世界の常識かもしれません。

私は田舎に住んでいるので、地元のお店になるべく貢献して、お店がなくなってしまわないように暮らしています。

ガソリンスタンドも、エーランド島最南の地元を愛用。
橋を渡って都会のカルマルでは給油しなくていいようにガソリンチェックをします。

たまに目測をあやまって家の遠くでガソリンランプが点灯することがあります。

片道(50㎞)なら帰れるけど、朝の出勤途中でガソリンランプが点灯すると60㎞とか帰れるか心配です。

さぁ、都会に近いガソリンスタンドは車がたくさんです。
そしてスウェーデンのガソリンスタンドはセルフサービス。(人がいれてくれるところってあるのかな?)

空いてるところを探して、
えーっと、今日は旦那さんの車を借りてきたけど給油口どっちにあるかな、
まぁいいか、
適当に空いてるところに停めよう、
停めたら機械にクレジットカードを入れて、
ガソリンのタンクのボタンを押して、
さぁ、給油!

給油口反対やわ…

車動かそうかな、
でも給油キャンセルってどうするの、
ここ混んでるし動かしてる間に誰かに反対側取られるわ。

この位置でもきっといけるやろう、
ガソリンのホースも結構伸びるはず。

いや、結構ギリギリやわ…

日本みたいに上に吊ってあったら左右どっちでも届くのに。
スウェーデンは中州みたいなところからガソリンのホースが伸びています。

うーん、ギリギリ届く。
車体の上を這うガソリンホース。
角度に無理あり。
まぁ入ったけど…

という話を旦那さんにしました。

給油口がどっちにあるか、車のメーターを見たらわかるで、と。
ガソリンメーターとラジエーターの温度がわかる水温計が並んでいると思います。
ガソリンのメーターが右にあったら給油口もだいたいは右だそうです。

新しい車は知らないけど、という前置き付きです。(新しい車にはついていけてません)

ほんまか!
すごいな!

今まで日本でレンタカーをするたびに給油口がどっちかで焦っていたあの時の私に教えてあげたい!

次は給油キャンセルをどうするか知りたいわ。

この間、間違えて(もしくは指が太くて)ディーゼルボタンを押したときは、給油せず、もう一度クレジットカードを入れてみました。(ICチップ付きでないとダメなところが多いです)

スウェーデンでは給油後にもう一度クレジットカードを入れるとレシート発行になります。
レシートに何も書かれていなかったから、多分これでいいはず。
多分…
ホース一度取って置きなおせばよかったかも…(一旦置くと給油終了となります)

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


YAZAWA (矢澤産業) ガソリン携行缶 横型タイプ 20L 消防法適合品 YG20
矢澤産業(YAZAWASANGYO) (2011-05-26)
売り上げランキング: 1,280

トラックバックに貼る↓

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中