リビングの壁と天井を塗る準備

先週のエーランド島の天気はよくありませんでした。
雨は降り続き、夏なのに気温は15℃前後。
家の中ではセーター着用。
今週は、晴れたり曇ったり雨が降ったり。

夏、帰ってきて!

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記
※「Never Give Up」と書かれた近くの浜辺のベンチ。ボロボロになってもあきらめないベンチへ誰かからのエール。もしくは私へのエールか?(何の)

さて、雨が降ったり、うちの旦那さんがいない時に私ができるリノベーションは少ないです。(ほとんどない)

知識がないので指導者が必要。

そんな私にできることは、単純作業。

単純作業 その1)

温室を作るのに掘り起こした土をふるいにかけて石と土にわける。
そして土は池まわりの盛り土に。(そう、日本庭園プロジェクトがあり、小さな池をつくる予定です。壮大)
石は埋め立てが必要な個所に運びます。

が、外の作業なので雨降りにはできません。(やりたくありません)

単純作業 その2)

冬用の薪を切る。(この間の冬は途中でなくなったので今年は多めに!)

これも外での作業なので、雨降りにはできません。(そうです、やりたくありません)

単純作業 その3)

リビングの壁と天井にはったプラスターボードのくぼみをパテで埋めてやすりがけ。
ボードとボードの継ぎ目やネジをしめてできたくぼみなどです。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記
※大きな穴は電気の配線用

家のリノベーションという観点では、その3のプラスターボードやすりがけだけが私にできる作業です。
この作業が終われば壁紙をはったりペンキを塗ったりすることができます。

が、この作業、とてもつまらない。

なぜなら、

・同じ作業を同じ箇所で何度も繰り返す
・見た目はそう変わらない(指先で確認するとちょっと違う)
・最終的には上から塗ったり張ったりするので見えなくなる

パテを塗りこんで、やすりをかける。

乾いたらパテを塗りこんで、やすりをかける。

乾いたらパテを塗りこんで、やすりをかける。

乾いたらパテを塗りこんで、やすりをかける。(もうわかった)

を表面が滑らかになるまで5回ほど繰り返す。

粉だらけになります。

家具を移動させて、移動できないものはビニールでカバー。
防塵マスクと眼鏡をかけます。

壁は何色にしようかな。

我が家は古い家なので天井が低いです。
昔の家は保温を考えて天井が低いそうです。
すごく古いのは天井が高いんだったかな。

なので、開放感をあたえるために窓のない面は白で広さを演出。
両サイドは白以外で。

天井は何色にしようかな。

普通に白かな。
広く見えるし。

まずは作業を終わらせないと何もできません。
地味にコツコツと進めます。

目標、冬前にはペンキ塗り完了(屋根裏部屋は旦那さんワンオペに推移)

Instagram

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


セメダイン 室内壁補修用 かべパテ 業務用 1kg ポリ缶 HC-158
セメダイン
売り上げランキング: 1,081

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中