確定申告の交通費が振り込まれましたが…

確定申告で交通費精算をしたのが5月1日。(1日100㎞の長距離通勤者です)
6月8日に還元された税金が戻ってきたようです。
うちの旦那さんが「振り込まれたから確認したら」と云っていましたが気がつけば6月も終わりました。

さあ、いい加減にやるべきことはさっさとすませよう!
とネットで口座情報チェック。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

ところで、スウェーデンのお金の単位はクローナとオーレです。
例えば、100,42だと100クローナ42オーレ。(小数点以下はコンマで表示されます)

このオーレですが、日常生活でオーレコインを見ることはありません。(家に50オーレ硬貨が1枚ありますが使えない)

金額は四捨五入です。
例えば、100,42だと支払いは100クローナ。
100,50だと101クローナ。

と、この間カールソン夫人の「スウェーデン日々雑記」で知ったんですが、四捨五入は現金支払いの場合で、カード支払いだと額面通りでオーレも支払っているようです。

なんだと!
知らなかった。

いつもスーパーのレジでオーレの単位が49以下だったら「よし!ラッキー」と喜んでいた私がバカみたいです。(スウェーデンはカード社会なので現金はほとんど使いません)

さて、話がすっかりそれましたが、確定申告の交通費。

予定では日本円にすると37万円ほどが戻ってくるという信じられない計算です。

えーっと…

あれ?

そんな額の振り込みはありません。

6月8日に振り込まれているのはひとつありますが、誰から振込まれたのかわかりません。
私のパーソナルナンバーが書かれています。
うーん、きっとこれかな。

日本円で約14万円。

どこにいったの、差額の23万円?

税務署に電話して聞くことにしました。

これが、
ものすごく、
待ちます。

電話するとスウェーデン語で、「あなたは〇番目です。少しお待ちください」的なアナウンスが流れます。

前に(2年前?)税務署にお問合せの電話をかけた時は「あなたは47番目」とアナウンスされたことがありました。

今回は5番目。
あら、少ない。

ところが、係りの人がでて「確定申告の還元金額についてなんですが」というと「そちらの係りにつなげます」とまた待たないといけません。
そこまではいいんですが、なぜか電話が切れました。

うーん、かけなおしか…
人数少なかったからいいか。

1回目にはちょっとボタンを押すのが遅くなったので「英語の方は1を押してください」というのに間に合わなかったんですが、今回は間に合いました。

すると、「あなたは〇番目」のアナウンスがなくなりました。
英語で「お待たせしています」的なアナウンスだけに…

うーん、これはいったいどれくらい待つんだろう…

平日しか電話でお問合せできないので、仕事中に携帯をそばにおいてイヤホンで。

うーん、けっこう待つわー。
もう切ろうかな…
いや、そうしたらどうやって金額の差について調べれるのか…

待つこと、
なんと、
40分。(切るタイミングを失った)

電話せずに済むシステムあるのかな、スウェーデンの税務署。

やっと話ができて係りの人に「なんでですかねー。」と聞きました。

スマホにMobile Bank IDアプリは入ってますか?
と聞かれて、入っているのにも関わらずよく考えず「Skatteverket(税務署)のアプリ?入ってないわ」と思い、入ってませんと即答。(落ち着け)

Mobile Bank IDアプリ入ってます。
銀行間送金が簡単にできるアプリSwishを使うには個人認証アプリMobile Bank IDが必須。

アプリが入っていると認証ができて内訳?が見れるそうです。

で、電話では金額とかについて話はできないんだけど…といいつつ、申告した金額と還付金額から想定してくれました。

交通費の還付金は支払っている税金によって還付される率が違うそうです。
私の場合は30%の還付になるから、多分間違ってないと思うとのこと。

そういうシステムか!
知らなかったわー、と云うと
大丈夫よー、私もここで働くまで知らなかったわー、と。

電話を切った後にSkatteverket(税務署)のアプリをダウンロードしました。
そこからDeklaration(確定申告)を開き、
パーソナルナンバーを入力して
Mobile Bank IDで個人認証すると詳細が見れます。

きちんと整理整頓されていて気持ちのいい詳細ですが、内容を理解するには少し勉強が必要でしょう。(つまりわからなかったと。)

ちなみに、うちの旦那さんの弟も長距離通勤です。
私と全く逆で、カルマルから、まさに私の家辺りまで。

しかし、どうやら彼は高給取りです。
なぜなら還付は50%!(探偵か!)

Instagram

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ

ブログランキングに参加しています

いつも応援クリックありがとうございます


海外相続ガイドブック プランニングおよび相続実務におけるQ&A66 改訂版
三輪 壮一
きんざい
売り上げランキング: 104,125

広告

確定申告の交通費が振り込まれましたが…” への2件のフィードバック

  1. 50オーレが流通終了直前、中国からの輸入食材店で何かを買った時に5クローナのお釣りに50オーレ10枚でお釣りをもらったことがあります。これはもうお金じゃなくなる!と文句を言いましたがいまこれしかない(ちゃんとお釣りはレジにあったよ)と、無理に押し付けられた記憶が・・・
    2度とその店で買い物をしないと決めました(潰れちゃったけど)。

    やっぱり交通費全額返還という虫のいい話ではなかったのですね。でも14万円は太いですよ。
    浮いたお金でどっかに旅行!いけたらいいですね(あくまで「宵越しの金は持たない」思想)。

    いいね

    1. 50オーレ10枚のお釣り!押し付けられましたねー。あれはやっぱり使えないんですね、もう。
      私も先月末イチゴを屋台で買ったらお釣りに古い1クローナが来そうになりました。「あ!新しいのにしてください!」って云ったら「ないの」と云われ、じゃあswishにするわ!と云ったら急に新しいお金がでてきました(現金でレジ打ったからswhish払いに打ち直しが面倒だったとみた)。押し付け合い、困る!
      交通費全額返還だと自分が支払ったのより多くなる計算だったので「本気か?スウェーデン」と思いましたが、そんなわけなかった(笑)。でも14万円は太い(太いってこういう時に使うとハードボイルドな響き笑)です。日本帰省して温泉に行こうかな。フィンエアーチェック!(私も、臨時収入は豪快に使うタイプ)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中