一汁三菜料理教室を開催しました その1

お義母さんは料理に興味がありません。
苦手とかいうのではないようです。
興味がないので極力料理はしません。
食べることにもそんなに興味がないようです。

そんなお義母さんが急に「ジャパニーズクッキングクラスをしてくれない?」と。
えー?どうしたんだろう。

どうやらご近所の仲良しさんが健康オタクで、和食が身体にいいと盛り上がったようです。

お義母さんが食べれるものってなんだっけ。
いつもサーモンかエビしか食べてないと思うけど。
野菜食べてるっけ?
お肉はチキンしか食べてないはず。

お寿司は嫌いだそうで、それ以外というリクエスト。

げ。
ちらし寿司とお味噌汁でいいか、と思っていたのに。(お寿司がそんなに簡単と思うな!)

お友達も呼ぶようです。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

和食初心者にも食べやすく、かつ日本文化もわかってもらえるといいかな。
スウェーデンでも買えて、でもスウェーデン人があまり食べてないような食材がいいな。

冬なので、大根か白菜。
メインはサーモンかエビだなぁ。

メインは鮭のみぞれ煮で行こう。
白いごはん。
和食といえば豆腐だから、お味噌汁の具は豆腐。
ワカメを使いたいからちょっと夏っぽいけど、みんな大好きキュウリとわかめの酢の物。
菜箸のテクニックをみせるためにだしまきタマゴ。
大根の皮もつかって人参も入れたキンピラ。(え。一汁四菜やん。タイトル…)

メニューこれでいいかなー、と見せに行きましたがさすが食に興味がないので反応が薄い(笑)

お茶碗とお椀はうちから総動員。
お箸もなかったので割りばしをお義父さんの家からもらってきました。

さぁ、当日です!
私を入れて合計8人。

どうも様子がおかしい…

お義母さんもお義母さんの旦那さんもオシャレしている。
クッキングクラスにしてはオシャレすぎる。

お!来たよー、云いだしっぺの健康オタクのご近所さん!
よし、エプロンしてきてる。
そうよね、そうこないと。

あれ、旦那さんはネクタイしてる…
クッキングクラスにネクタイ…

あ、他の人も来たよ。

今日はありがとう、って花束もらいました。
ふふ。
うれしい。

うれしいけど…
あかん、みんなオシャレしてる。
全然料理する服じゃない。

これはクッキングクラスという名の出張シェフだったのか?

あかん、ワイン開けてる。

クリスマスにもらったらしい日本のウイスキーも開いたわ。
サラミ切ってる。

あかん。
あかーん!

気になる続きはこちら→一汁三菜料理教室を開催しました その2

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます


一汁一菜でよいという提案
土井 善晴
グラフィック社

広告

一汁三菜料理教室を開催しました その1” への6件のフィードバック

  1. ぷぷぷぷ。おもしろすぎて続きが待ちどおしいです。それにしてもずいぶんチャレンジングなメニューですね。わたしの義母は料理上手と言っていいと思うのですが、それでも包丁で千切りとか薄切りとか出来なさそうです。こっちのキッチンカウンターが高いのは身長差のせいだけでなく、ピーラーとハサミが主役のキッチンだからじゃないかと思う今日このごろ…。

    いいね

    1. 月兎耳さん
      うちはお義父さんとお義父さんの奥さんが料理すごく上手なんです。で、包丁でトントントンってプロみたいな速さで切ってるのを見てるので、できる人はこれぐらい、じゃあ普通の人は日本の普通の人くらいと思い込んでいました。そうか!ピーラー文化!そこに気が付かなかないままでのメニュー選びでした…
      月兎耳さんには今後の展開が予想できているかと思いますがどうぞお楽しみに!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中