1万円の歯の検診

ちょっと、奥さん、知ってた?(誰に話してる?)

iPhoneをなくして、家にあったアンドロイドのギャラクシーを使い始めたんですがいつまでも慣れません。
特にスクリーンショット。
シャッターボタンとホームボタンの同時長押しが上手くいかない。
グーグルが立ち上がったり、ページが閉じたり。
たまらんなー、と思っていました。
スクリーンが汚れていたので拭いていたらスクリーンショットが撮れました。
なんでや。
これは、そういうコマンドがあるのでは?
と調べたら指一本、腹全体でゆっくり横にスワイプすると撮れます。

はははは!
ええこと知ったわ。(ギャラクシーじゃない人にはなんの関係もない話)

さて、歯の検診に行きました、去年。(またまた、いつの話やねん。え、そんなに古くないで、12月やで。)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

最初に助手さんがレントゲンを撮って、チェックをしてくれます。
その後に先生登場。
細かくチェックしていくので助手さんがPCに入力。

「虫歯はありません」

よし!

「でも歯茎の状態がひどいです」

そう、それ今までもずっと云われてきたんだわー。
でも歯磨きの仕方が悪いんだろうなー、改善しないんだわー。

「特に一番奥、これは歯磨きを改善しても手遅れかもしれません」

え。
手遅れって何。

「最悪の場合は抜歯します」

えーっ!
そんなに悪いの?
歯肉炎か?

「歯周ポケットを小さくするようがんばりましょう」

はーい…

いやー、抜きたくないわー。
と家に帰って話したら、家族はみんな「歯医者はみんなそう云う」とか「抜けばいいと思ってる」との意見が。
おいおい、歯医者さんに辛らつだねぇ。

どうやら去年の夏に亡くなったお義父さんのお母さん、つまり私たちのおばあちゃんが20年位前に健康な歯も全部抜かれて総入れ歯になったそうです。
そうすると虫歯の心配もないし、ということでその時地域のお年寄りたちがすごい人数総入れ歯になったという。
先生が云うんだから疑わないでみんなが抜いたんだって。

そうね、不信感だね。

でも心配してくれたお義父さんの奥さんはクリスマスプレゼントのひとつに電動歯ブラシをくれました(去年の話だから、これ)。
歯は大切に。

歯医者さんによるチェック(undersökning)が840kr(11000円くらい)。
そしてレントゲン代(röntgenunder sökning)が230kr(3000円くらい)。

合計1070kr(14000円くらい)。

レントゲン代別なんだ(涙)。
そして本当にチェックだけです。

歯石取りは別の日です。

前から知っていましたが、私は歯石が付きやすい。
日本では年に3回ほど歯石取りに行っていました。
それがスウェーデンに来て2年をすぎ、一度も歯石はとっていません。

うーん、これは4回にわけましょう、と。

4回!

4回!

4回?!

日本とスウェーデン往復代くらいはいくんではないでしょうか。

目玉ぼよよーん、と出そうでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中