スウェーデンの田舎では年末年始感が見当たりません

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

あー、年始の挨拶ができてすっきり!
家で旦那さんに挨拶したら、目を白黒させながら意味不明にコピーした日本語風の挨拶がもどってきて不完全燃焼でした。

旦那さんの日本語は退化していき、私のスウェーデン語は遅々として進まずだったトゥーサウザンシックスティーン(2016)。(90年代のJ-POP風)
英語は仕事の時だけにできるように少しずつ減らそうトゥーサウザンセブンティーン(2017)…

さて、初詣に行きたいな、と思いながら元旦は近所の森にハイキングに行きました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

連休をとるのに向かない年末年始のカレンダーで、年末は12月30日まで働いていました。
土日をはさんで普通に出勤。
そうです。
1月2日から出勤です。

外国なのに休まないの?
と思うかもしれませんが、新年に対しての思い入れはあまりないようです。

仕事場でもクリスマス前にはボスから今年の〆のスピーチなどがありますが、新年に関しては全く無視です。
「Gott nytt år(あけましておめでとう)」の一言も聞こえません。
新年になった瞬間にしか云わないのかもしれません。

2017年は年末に休みをとろうかな。(気が早い)

年末年始はない、といいつつ、大晦日は家の近所の教会でジャズコンサート&ミサがありました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

斬新な組み合わせは田舎ならではでしょうか。
ジャズの合間に牧師さんからの言葉があって(逆かも。ミサの合間にジャズがあったのかも)、牧師さんのお話の時にジャズシンガーがマイクで乱入してそっとマイクを没収されて笑いが広がっていました。

ジャズシンガーは前に偶然野外ライブをしていたのを見かけたキャプテンズームでした。

夜は友達が持ってきてくれたシャンパンでお祝い。
年越し前にお義父さんの家に行って新しいシャンパンを開けてお祝い。

窓から近所の人が打ち上げる花火を見て楽しみました。
個人で結構大きな打ち上げ花火が買えるスウェーデン。
前にお店で値段の高さにびっくりして買えませんでした。
ははは。小心。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中