旦那はケーキ職人なのか?

わたくし誕生日でした。
ふふふ。

うちの旦那さんが毎年誕生日ケーキを作ってくれます。

きゃー、優しいー。
うらやましいわー。

とかいう感じではなく、それはそれは独創的なケーキです。

基本はスウェーデンで誕生日に食べるプリンセストルタです。

プリンセストルタはスポンジケーキに生クリームとジャムをたっぷり挟んで塗って、明るいグリーンのマジパンシートで覆ったものが定番。

うちの旦那さんの場合は生クリームはなしでジャムだけです。(多分面倒だから)
何が独創的って、マジパンで作り上げられる旦那さんの世界観。

初期の頃がやっぱり面白いです。(云っちゃった、面白いって云っちゃった)

こぶしふたつ分くらいの大きさの立体のカエルが乗っていたり。
そのカエルの目が赤だったり(毒ガエルにしか見えない)。

「愛してる」と日本語で縦書きで書かれていたり。(重いわ)
そしてその周りを黒魔術のような配置でバラで囲んでいたり。

実はマジパン、好きじゃないです。
マジパンチョコレートとかは厳しい。
プリンセストルタのマジパンは通常大丈夫です。
なんでだろう。

去年は旦那さんがようやく私がマジパンが好きじゃないことに気が付きました。
そこでクリームとチョコレートでがんばってケーキを作りました。
が失敗。
クリームが溶けて、流れて、見るも無残に。

そしてうちは田舎です。
スーパーマーケットは6時に閉まります。
週末は昼過ぎに閉まります。
新しい材料を買いに行くには車で40分ほどのスーパーに行かなくてはいけません。
無理でした。

プリンセストルタのマジパンは大丈夫だから今年はいつも通りマジパンでお願いしました。
楽しみなのよ、手作りケーキ!

予想は立体ギズモ!

ゴッドファーザーの家から引っ越してきた15歳のおじいちゃんネコ、ギズモを溺愛しているのでこれはかなりいい予想では?

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

リスとネコとリボン!

ファ…ファンシー!

乙女!

しかも2段!(二人なのにどうする!)

リスのクッキー型とか買ったのかとおもいましたが、カッターで切ったそうです。
紙にリスを描いて、切り取って、マジパンの上において、カッターで切り抜く。
上手いじゃないか!

茶色を作るために青の食紅が必要だったそうで、大きいスーパーまで買いに行ったそうです。
赤と黄色にほんの少し青で茶色の出来上がり。
ドギツイ色しか作れなかった初期とは大違い!

本当は3段の予定だったようですが、マジパンが重くてたわんできて2段でやめたそうです。

来年も楽しみー。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます



広告

旦那はケーキ職人なのか?” への2件のフィードバック

    1. カールソン夫人
      お互い楽しいプレゼントです。作って楽しむ人と見て楽しむ人。
      初期のはPCにあるはず。いつか見せます。今年のからは想像できないくらい存在感半端ないです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中