車の窓の曇り対策&12月17日のアドベントカレンダー

田舎に住んでいると車は必須です。(バスは一日数本で乗り換え必須。週末はなし)

ちょっと前に友達から車を買いました。
夜間のライトが見えやすくて気に入っています。(車の形も色も普通であればどうでもいい。冬に夜見えやすければいい。)

が、車の窓が曇る曇る。
曇り取りボタン?を押しても全然効きません。
うちの他の2台はこんなにひどくなかったけど、窓の角度かな?

タオルで拭いてもすぐ曇るので前が見えなくて危ない。
路肩に停まろうにもサイドミラーも見えないので停まれない。
Mekonomen(メコノーメン)という日本でいえばオートバックスみたいなところに曇り止めスプレーみたいなのを探しに行きました。

…ない。

曇り止めスプレーない!

レジに居たかっこいい店員さんに聞いてみました。

ないそうです。

え!(一瞬日本に帰りたくなりました)

でも、「この”湿気取り”が効くよ」と。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

大きくない車だったらこれ。
お知らせマークがピンクになったら電子レンジでちょっと温めると繰り返し使えて経済的だし。
置くだけだし。

他の方法としては、スクイージーを使うことかな!と。

スクイージー案は心の片隅にそっととどめておくことにしました。(面倒だから)

要は大きな乾燥剤?(10×15cmくらい)
海苔とかに入ってるシリカゲルみたいな?

車に?

車にシリカゲル?(シリカゲルかどうか見てないけど…)

ちょっと効果を疑っていたので「本当に効くの?」と聞いてみた。(浪花のおばちゃん)

「僕の車は小さくて湿気がすごくて窓が曇りまくってたんだけど、これを置いただけでほとんど曇らなくなったよ。…でも、まぁ、好き好きだから…」
と控えめなセールス。(スウェーデン人あるある。絶対の自信を持ってお届けします!とかはない)

あなたを信じて試してみるよ。
湿気取り購入。

これが…効いた!

さすがにマイナス6度の時は一部うっすら曇りかけてたけれど、通常は問題なし。
念のために運転する前にはガラス用タオルでさっと拭いていますが、もう前みたいに真っ白で拭いても拭いてもすぐ曇ってきて隙間からのぞきながら運転とかはなくなりました。(危ない)

あの店員さんにコミッションあげたいくらい。

ただ、フロントガラスに置いておくとカーブで滑ってとんでいきます。
滑り止め買いに行こうかな。
あるかな。

さぁ、次は外側の霜とり対策!
スウェーデン人、仕事終わりはみんな暖気せずに運転しはじめるけど困ってないのかな?
夕方にはフロントガラス凍ってるよ、私の車は!

さあ、12月17日のアドベントカレンダー!

タダー!(タラーン!だと思っていたらタダー!(Tada-!)だったジャジャーンのスウェーデン版)

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

サンタクロースのチョコレートです!

これTIGERで見かけました。
5個入りだったけど3個しか入ってません。

お義父さんの奥さん、2個食べたな(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中