ペッパーカーカ焼きました&今日はルシア

12月13日の今日はスウェーデンの伝統行事ルシアです。
SVT(スウェーデンテレビ)のSVTPlay(ライブストリーム)でルシアが見れます。(期間不明。29分くらいに出てくる男の人は多分有名な人です。毎日ラジオでこの人のこの歌がかかっています。)

知ってる歌もでてきます。
サンタルチアとか、サンタルチアとか、サンタルチアとか…
何回も歌うよサンタルチア…

さて、ペッパーカーカ(ジンジャークッキー)を焼きました。
驚くほどたくさんできました。
窓に吊るす顔くらいの大きさのハート型も何枚も焼きましたが、他の型が小さかったせいか200~300枚は焼けました。(生地もこぶし大残っています…)

砂糖とシロップたくさん入れたわー、と思っていましたが甘さひかえめ。
そしてスパイスが効いていてこれは美味しい。

来年は半量か4分の1の量にするけどね!

お義父さんの奥さん、クッキー型たくさんもっていました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

お義父さんの奥さんがアドベントカレンダーに入れてくれたペッパーカーカの型は少し大きすぎ。(貰っておいて何を云う!)
そしてお義父さんの奥さんが持っていた他の型はちょっと小さすぎ。(たべっこどうぶつくらい)
でも色んな型があるので楽しい。
スウェーデンではブタとヤギはクリスマスっぽいのでもちろんその型もあります。
奥さんのおばあちゃんの型も何個か入っています。

市販のより全然美味しいレシピをお義父さんの奥さんのコツと共に紹介。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

■バター 75g
■砂糖 2.5dl/250ml
■ライトシロップ 1dl/100ml
☆水 1dl/100ml
☆シナモンパウダー 大さじ半分
☆ジンジャーパウダー 大さじ半分
☆クローブパウダー 大さじ半分
☆重曹 大さじ半分
☆小麦粉 0.75リットル

注)私の作った半量にしていますが、150枚くらいできると思います

1)バター(■)を小さめにカットして、砂糖(■)、ライトシロップ(■)をよく混ぜ合わせる
2)水(☆)、シナモンパウダー(☆)、ジンジャーパウダー(☆)、クローブパウダー(☆)、重曹(☆)を入れて小麦粉(☆)を少しずつ入れながら混ぜ合わせる
3)できた生地を冷蔵庫で最低一晩寝かせる
4)生地はできるかぎり薄く伸ばします。
5)250℃で3~4分焼きます。

※3)生地は1年寝かせても大丈夫なので時間のある時まで寝かせてください。(乾燥注意)
※4)焼くとほんの少し(1~2mm)膨らみますができあがり目標5mm厚。
※5)焼き時間は目安です。薄いので焦げやすいです。目を離さないように。
※5)天板に敷いたクッキングシートにバターを薄く塗っておくと味がよくなります。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中