ミャンマー、ゴールデンロック

クリスマス気分が盛り上がるスウェーデン。
エーランド島でもクリスマスマーケットに行く話をしたりしています。

さて、国民の90%が仏教徒というミャンマー。
クリスマスが近いなんて全く感じませんでした。

タイのバンコクから夜行バスでミャンマーの国境近くのメーソットに行き、バイクタクシーで国境のミャワディーまで。
テクテクと歩いてタイ・ ミャンマー友好橋を渡りミャンマーに入国。

国境で働いている人が仕事を抜けてバスのチケットや両替についてきてくれました。
仕事はいいのか。

持って行ったUS100ドル札を何枚かミャンマーのお金、チャットに両替。
お札の束は輪ゴムで留めるほど分厚くなって少しドキドキ。

旅行中に3回両替しました。
ヤンゴンが一番いいレートで1USドル=1314チャット
バガン1USドル=1296チャット
国境1USドル=1200チャット
※どれも100ドル札を両替した場合
※ミャンマーでは100ドル、50ドル札の両替レートが高く少額紙幣はレートが下がります

うーん、国境では叩かれてる…
最初のうちは勝手がわからないので色々とあるのがバックパッカー旅行の面白くて悔しいところ。
その悔しさはバネにはなりませんが慎重になります。

この国境からゴールデンロックのあるキンプンという町までのバスがきつかった。
バスと云ってもマイクロバス。
仕入れた色々なものを運ぶために出発までが長い長い。
スクーターまでマイクロバスに乗せましたが、それを布やビニールで隠していました。
保護のためかと思ったらイミグレーションを通ったので税金対策かもしれません。

途中何度も止められて、外国人の私たちはパスポートチェック。
車のガラス越しの険しい顔に笑いかけると笑い返してくれるので大丈夫そうです。

途中で荷物をおろしたりで思ったより時間がかかった気がします。
マイクロバスじゃなくてちゃんとしたバスがあったはず。
次回は普通のバスに乗りたいわ。

バスはチャイトーに着き、ゴールデンロックのふもとのキンプンまでは乗り合いのピックアップトラックに。

ピックアップトラックは人がいっぱいにならないと出発しません。(500チャット/50円くらい)
少し様子をみて他のミャンマー人が「ダメだ、人が集まらないからバイクで行くわ」と去っていきました。
そうか、わかった、私たちもバイクタクシーのドライバーと値段確認と交渉するか。(4000~5000チャット/400~500円)

交渉時、何よりも気になるのはお金、ではなくドライバーの口の中。

ミャンマーはインドの影響を受けているところがいくつか見られます。

男性がロンギー(インドではルンギー)という筒状にした布をズボンの代わりに着ているところとか。
フレッシュな葉っぱで巻いた噛みたばこのクーン(インドではパーン)が愛用されているところとか。

嚙みたばこの作り方。

フレッシュグリーンカラーのコショウ科の葉っぱ、キンマを用意。
溶いた石灰を薄く塗ります。
カットしたヤシ科の植物ビンロウをメインに数種類の何かを入れます。
くるくるっと巻いて出来上がり。

この噛みたばこは、噛むと口の中が真っ赤になります。

そして真っ赤な唾液を道にピューッと吐きます。
マーライオンくらいの勢いと量です。

道中が真っ赤な唾液の跡でいっぱいです。

噛みたばこのせいで真っ赤から真っ黒に変色した歯。
しかも歯がやせ細って、フランス人が好きなすきっ歯どころではないほどすきすきです。

笑顔が素敵なバイクタクシーのドライバー。
その笑顔もかき消される歯の状態に全然値段交渉に集中できません。

バイクタクシー、ヘルメットなしです。
それはいいけど道が砂利やら砂やら穴ぼこやらで足がとられそうです。
並走する旦那さんのドライバーはよそ見が多くて前のバイクとの距離感で心臓がキューっとなったそうです。

雨が降ってきました。
手のひらを前に出して雨粒を遮るバイクタクシーのドライバー。
効くのか、それ。

パラパラっと降っただけでサッと雨があがると虹が。

ヤシの木やバナナの木が生い茂ったところに虹。
虹の先にはゴールデンロック。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

落ちそうで落ちないゴールデンロック(チャイティーヨー・パヤー/ကျိုက်ထီးရိုးဘုရား)。

そこまで行くのに乗り合いバスで45分。
いろは坂か、マチュピチュまでの道か、というぐらいのヘアピンカーブです。
帰り道は座ってるのか立ってるのかというところもあるほど勾配が急。

男性しか石に近づけないのでカメラマンに徹したり。
階段に座って屋台の冷たいココナッツ味のゼリードリンクを飲んだり。
旦那さんがミャンマーの女の子たちに囲まれて撮影会が行われたり。
ミャンマー料理に天ぷらがあって、揚げあがった熱々の瓜(ブーディージョー)が美味しかったり。
手作りアイスクリームを買ったら、オレンジ色なのにあずき味だったり。
停電が当たり前だったり。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます


TRANSIT(トランジット)20号  美しきミャンマーの宝もの (講談社 Mook(J))
講談社 (2013-03-08)
売り上げランキング: 48,495

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中