スウェーデン映画「skumtimmen」(原作:黄昏に眠る秋)

スウェーデン語タイトルは「skumtimmen」
2013年スウェーデン公開。日本未公開。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

ヨハン・テオリン(Johan Theorin)のミステリー。
エーランド島4部作のひとつめ、「黄昏に眠る秋」の映画化です。

本の世界観に届かず、4部作の残りの映画化がストップしてしまったそうです。
残念ですが、エーランド島の雰囲気は感じられます。

住んでいるところなのでエーランド島のどこが撮影に使われているかチェック。
知っているところもあれば知らないところも。

この物語の全てがはじまった場所、世界遺産のアルバーレット。
空から撮ったシーンがあります。
いつもと違う視点から見ると別の世界みたいです。

駅が出て来て、はじめて昔はエーランド島に電車が走っていたことを知りました。
今では痕跡を見つけるのも難しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます


黄昏に眠る秋 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ヨハン テオリン
早川書房
売り上げランキング: 103,530

広告

スウェーデン映画「skumtimmen」(原作:黄昏に眠る秋)” への2件のフィードバック

  1. 映画もそこそこいいですが、ヨアン・テオリンの作品は結構好きです。
    この「秋」をテーマとしたこの作品は犯人探しという一面もあるけれど、父と娘の話でもあってとても好きな作品です。
    4作目は「夏」がテーマなんですが、ツーリストシーズンでかなり雰囲気が違います。実際も夏のみ住む住人やツーリストが多いから、島の様子はガラッと変わるんだろうなーと思いながら読みました。

    いいね

    1. cindraさん
      「夏に凍える舟」ですねー。まだ読んでないです、読みたいです。
      ツーリストシーズンのエーランド島はどう書かれているんだろう。家のリノベーションが終わったらぜひ冬にエーランドに遊びに来て4~5日泊まっていってください。何にもなくて、素朴で、飾り気がなくて、それが落ち着く冬の顔が見れますよー。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中