キャットシッター用のアドベントカレンダー

スウェーデンの11月は冬の始まりです。
「ノベンバー・ディプレス/November depress(11月の憂鬱)」と呼ばれて鬱になる人がたくさん。
冬でも青い空が見える日本だと、寒さで鬱?と思うかもしれませんが、寒さではなく太陽の光がないことが鬱をつくります。
12月になればクリスマスのライトアップが各家庭の窓に現れて、ほっと安らげるのです。

旦那さんも私も、11月の憂鬱に巻き込まれてしまうタイプです。
ということで、太陽を浴びにミャンマーに行ってきます。

しばらく「スウェーデン映画」、「運転免許のアップグレード」などをランダムアップしますのでお楽しみください。(テレビ番組か!)

さて、ミャンマーに行く準備。

ミャンマーってどこ?
タイの西、バングラデシュの東です。

航空チケットはだいぶ前に用意しました。
が、ミャンマー発着ではなくお隣のタイ、バンコク発着です。

なぜ?

バンコクからミャンマーに陸路で入るためです。
バスで21時間かかるらしいよ、とかいう情報をみつけると楽しくなってきます。

私も旦那さんも、長い間バックパッカー旅行をしてきました。
私は4年半、海外拠点であちこちを回る生活。
旦那さんは10年の間、半年バックパッカー、半年働くという理想的な生活。
知り合ってからは日本国内をそれはあちこちと。
海外も何度か。
なのにスウェーデン国内はあまりでかけない…

話がずれましたが、ミャンマーに行く準備。
ミャンマービザも簡単になってインターネットでなんと半日でおりました。

ミャンマーは100ドルと50ドルの両替レートがいいようでUS100ドル札の新札も両替にいきました。

各自ルートをそれぞれ考えては、それだとここに行くにはどうしようだとか話す日々。

忘れてはいけない、15歳のおじいちゃんネコ、ギズモ。(14歳だと思っていたら15歳でした。長老!)
お義父さんと奥さんがキャットシッターをしに来てくれます。

で、作りました。
キャットシッター用アドベントカレンダー。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記
※もうすでに家の中が暗くて写真撮影が限界です。そして家の中に材木があるリノベーション中あるある写真。

アドベントカレンダーというのは、12月に入ってからクリスマスまでをカウントダウンするカレンダーです。
毎日ひとうずつカレンダーの小窓を開けると可愛い絵や、お菓子やらが出てきます。

そのアドベントカレンダーをクリスマスではなく私たちがミャンマーからスウェーデン帰国までのカウントダウンにしました。
スウェーデン人大好きな量り売りのお菓子を私たちの旅行日数分の種類買って袋をつくって詰めました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記
※リトアニアのパッケージが可愛いお菓子も入っています。

糖分の取り過ぎはよくないので一日お菓子ふたつ(お義父さんと奥さんひとつずつ)だけ。

これで毎日ギズモに会いに来るのも楽しくなるでしょう。

ところで、スウェーデンではミャンマーはまだビルマと呼ばれています。
そしてヤンゴンを未だにラングーンと呼んでいる人多数。
ちなみにミャンマーの首都はヤンゴンではなく2006年からネピドーです。(知らなかった…)
首都に行かない旅行ははじめてかもしれません。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます



広告

キャットシッター用のアドベントカレンダー” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中