わらづと納豆作り

紅葉がきれいなエーランド島。
最近の温度は7℃前後。

週末は薪ストーブも活躍。
煙突掃除がまだですがお客様のために。
室内温度が11℃から20℃に!

暖かさがあるうちにパン作りも。
そして同時に納豆作りも。

いただいた納豆菌を使ったものと、菌を使わないわらづとの二種類。

近所の農家さんに貰った麦わらを使用。
わらづと納豆がやりたい!と貰ってからひと月以上…

まずは編んで…
あぁ、わらが乾燥していて力を入れるとちぎれる!

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

ヘンプの糸で編みました。

指でつぶせるくらいに柔らかく茹でた大豆をわらづとに入れます。

両端をわらで縛ろうとしましたがちぎれる!

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

輪ゴムでいいわ。
十分わらづと納豆の貫禄!

乾燥しないようにビニール袋でくるっと巻きました。

さて、40~43℃前後あたりで24時間保温。

納豆作りは何度かしましたが、一度だけお義父さんから借りた発泡スチロールケースを使ったことがあります。
スウェーデンで発泡スチロールを探そうとすると難しい!
なんでだろう。

クーラーボックスも使ってみましたが、温度調節にお湯を入れた容器も入れるので狭い。

納豆菌をくれた友達おすすめのオーブンにしました。
リノベーション中なのでコンセントはつながっていませんが、オーブン付きコンロは持っています。
密閉性のあるオーブン、最適です。

わらに生息する納豆菌、期待してるよ!

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます


全国納豆鑑評会『特別賞』受賞【北海道のわら納豆大粒】12本セット
道南平塚食品株式会社
売り上げランキング: 32,535

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中