捏ねないパン

リンショーピンのカールソン夫人にわけてもらったサワードウの元種。
捏ねないでできるパンのレシピと共にいただきました。

なぜか二次発酵であまり膨らまず。
家が寒いから?だったら次は冷蔵庫での10時間発酵にしてみようかな。

レシピをスウェーデン語でもらったので、飛ばし読み。
高温のまま焼き続けたからビスコッティのようになりました。
でも味は美味しい。

最初の15分は270℃で焼いて、それから温度下げるんだったのか…(失敗してからレシピをじっくり読み始めるという間違い)
うちの小さなオーブン、最高温度200℃だけど…

普通のキッチンが使えるチャンスの泊まり込みキャットシッター期間中に普通のオーブンで焼いてみました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

できました。
ははははは。
うまくできると笑いがこみあげます。

二次発酵ではよく膨らんでボウルからもりもりっとあふれていました。

クッキングシートが見つからなかったので粉まぶして天板に直のせしたら驚くほどくっつきました。
でも膨らみました。

そして美味しい。

クープは全然入りませんでしたが、破裂したところがクープのようになっているのでOK(そんなわけない)。

本当に一回も捏ねずにできました。
腕の力が弱い私にぴったりのレシピです(鍛えたほうがいいと思うけど)。

うーん、早く大きなオーブン(北欧一般家庭のコンロの下にあるオーブン)を家で使いたい。

オーブンは家にあるけど、電気の配線がまだ終わっていないので設置できません。
配線をするには全部の壁に断熱材を入れて、上を木で覆って、そこをさらになんとかボードで覆ってからです。

今までの作業速度を見ていると5年はかかりそうです。
だったら庭に釜を作るのもありか…(家のリノベーションに集中しろ!)

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます


ボウルひとつで こねずにできる本格パン
藤田 千秋
河出書房新社
売り上げランキング: 13,637

広告

捏ねないパン” への3件のフィードバック

    1. カールソン夫人
      クープも入るようにたたみ方など研究します!カールソン夫人がスパッと切っていたのが瞼に焼き付いています。
      さて、窯。レンガはあるので、耐熱レンガを手に入れれば作れる…いや、外ばかり充実させては…いや、中が時間かかるなら外を充実させるべきか…

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中