秋の夜長の夜なべ ヘーゼルナッツ編

朝は9℃。
夏が終わった9月10月のスウェーデン、エーランド島は朝焼けと夕焼けが信じられないくらいきれいです。

家の中にはトイレもキッチンもシャワーもありません。
顔を洗いに外に出ます。

ぴりっとした空気、ピンク色の雲。
どこにいるのか、階段を下りる音を聞いてやってくるネコ。

忙しく朝ごはんを作る旦那さんに
見てー、空がきれいだよー、と声をかけてほんの少しの間二人で空を見上げます。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

秋だわ。

さて、スウェーデンでは自然享受権(allemansrätten)という、私有地以外どこでも通ってよくて、一泊ならキャンプもよくって、生ってる実を取って食べてもいいっていう権利があります。

が、ヘーゼルナッツはダメです。他にも何かナッツ類でダメなのがあります。
このナッツ類はイノシシなどが好むので、王様が狩りでおびき寄せるのに役立つからダメだそうです。
昔むかしに決めたまま慣習として残っているだけのようですが、お菓子作りにヘーゼルナッツを使いたい私にはちょっと不服。

が、お義父さんの隣のおうちにはヘーゼルナッツの木、ハシバミが3本あります。
取っていいよ、と声をかけてもらったのでお義父さんの奥さんと散歩中にポケットいっぱいに詰め込んで帰ってきました。

経営している漆喰会社の仕事に精を出しているお義父さん、うちの旦那さん、義弟の3人が翌日出荷のオーダーを対応している間、お義父さんの奥さんと私は温室でワインを飲みながらヘーゼルナッツのヘタを取ります。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

ベリーやキノコと違って、ヘーゼルナッツは簡単。
ヘタを取りながら虫食いの穴がないか見るだけ。

ラクな夜なべ。

使うときの殻むきのことは今は考えません。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中