ストックホルムのモダンアートミュージアム(Moderna museet)

先週で終わってしまいましたがストックホルムのモダンアートミュージアム(Moderna museet)の草間彌生展に行きました。
終わる3日前、ぎりぎり間に合いました。
デンマークのコペンハーゲンのには行けずあぁ残念と思っていたのでストックホルムで開催してくれてよかった。

さて、2016年に入ってすぐスウェーデンの国立博物館、美術館のいくつかの入場料が無料になりました

モダンアートミュージアムも常設展は無料です。
草間彌生展は150kr(1800円くらい)ですが、なんならロビーだけでも草間彌生ワールド全開です。

草間彌生展では、蚤の市(loppis)で見つけたこれはまさに!というドット柄のカバンを持って行くつもりでしたが、来客で大掃除をした時に箱にしまいこまれ発見できず。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

たくさんの人がドット柄の服を着て展覧会に来ることそのものを楽しんでいて、それを見るとこっちも楽しくなります。

こんな大きな展覧会ではなくもう少し規模の小さい展覧会の場合、行けそうならオープニング(ベニサージュ)がおすすめです。
無料だったりすることも多く、アーティスト本人が居ることも多いです。

別に話しかけたりするのが目的ではないのですが、好きな作品を作っている人がどんな雰囲気を持っているのかがわかってさらに作品が好きになったりします。
思い切って話かけてみると、作品の説明をしてもらえたりもします。

何かが心に残るので、たまに美術館に行ったりすることを大切にしています。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます


無限の網―草間彌生自伝 (新潮文庫)
草間 彌生
新潮社 (2012-03-28)
売り上げランキング: 23,304

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中