日本とスウェーデン、ラバーダック合戦

先週半ばに遅い夏休みをちょっとだけとりました。
残りは11月のミャンマーまで楽しみにとっておきます。

さて、数日のみの夏休み。
ぱーっとのびのび遊びたかったんですが、用事を絡めたりしたので地味な感じになりました。

用事、第一弾。
スウェーデンおなじみのBlocketというインターネットフリーマーケット?で旦那さんが見つけた薪ストーブを引き取りに行く。

薪ストーブは去年つけたところですが、なんとあれは仮です。
実は旦那さんがずっと探していた薪ストーブがあって、それがやっと見つかったとのこと。
よかったね。
スウェーデン国鉄が昔待合室で使っていた薪ストーブだそうです。

付け替えるということは、また煙突用の穴をあけなおすということ…
遠のくバスルーム、遠のくキッチン、遠のく普通の暮らし…

途中どこにもとまりもせずに、7時間ぶっとおし運転。

ダイナマイトの発明者ノーベルの生誕地みたいだよ。
素通り。

Mariestadsだって、あの有名なスウェーデンビールの。
工場とかあるのかな。
素通り。

スウェーデン最大の湖の近くなんだね、薪ストーブ取りに行くところ。
素通り。

あ、オスロって看板でてる。ノルウェーまで近いのかな。
無視。

うちの旦那さんは出発地点から目的地点まで一気に行きたいタイプ。
途中でふらっとどこかに立ち寄って、というのは事前に云わないとしてくれません。
お義父さんも同じタイプみたいなので、これを変えるのは難しそうです。

早く土地勘をやしなって事前に計画を立てたいものだ。

7時間ぶっ通しで運転した後は、お義姉ちゃんの住むオレブロ(Örebrö)まで2時間運転。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

オレブロはアートフェスティバルの時に町中にアートが置かれます。
このラバーダックは住民に愛されてずっとここにいることになりました。

私の大阪の実家にもラバーダックがこの春先にあったそうです。
残念ながらもうどこかに旅にでたみたいです。
フロレンティン・ホフマンというオランダ人のアート。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

どっちのラバーダックもそれぞれ好きです。

世界を旅するこのラバーダック。
オレブロに来てダブルラバーダックを実現しないかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中