夜間の語学学校、ぽろっと入学

はっきりと物事が決まらなかったと思うんだけど実は決まっていた、ということがスウェーデンではよくある気がします。

例えば、と云われるとよく思い出せないけれど。

最初は聞き逃したりしていたのかな、とか思っていましたがちょっと違います。
なんというか、確認をはっきりしないような、はっきりした日時を云わないような気がします。

でも仕事も信頼の口約束でできる国(田舎だけかも)なので、何かはっきりしたことを云っているはず…
云っていないのか、日本が念押ししすぎなのか…
謎です。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

さて、スウェーデンには移民のための語学学校、通称SFI/エスエフイー(Svenska för Invandrare/Swedish for immigrants)があります。
無料の学校です。
素敵。

パーソナルナンバー(日本でいうマイナンバー)があれば入れますが、ないと入れません。
エーランド島にもシリアやアフガニスタンなどの難民がたくさんいるんですが、半数以上がパーソナルナンバー待ち。
つまりビザがおりるのを待っている状態です。
せっかくエーランド島に新しくSFIを作ったのに半数以上が行くことができません。

私もビザがおりてすぐの去年8月にSFIを申し込みましたが、仕事が始まるのと重なって行くことができず。
働く移民のための夕方のクラスが週に1度カルマルにあるので申し込みました。
が、ちょうどエーランド島にSFIができたので、エーランドに籍を置いている人はカルマルで受けてもいいですよという許可を受けないといけません。

メールを送れど、返事が来ない。
後からスウェーデンに来たイギリス人の同僚は夕方クラスにぽろっと入学。
私も行きたい。

メールを送る。
返事が来ない。
カルマルのSFIにメール。
違う人の連絡先をもらう。
メールを送る。
返事が来ない。

むむむ。
諦めないぜ。

カルマルのSFIにメール。
違う人の連絡先をもらう。
メールを送る。

やっと連絡が来ました。

簡単な面談をするわよー、と。
夕方クラスはある程度のレベルがないと入れないと噂できいていたのでがんばろう!と行ってみるとなんと30人くらいの入学希望者。
ひえー、なにこれ。

イギリス人の同僚情報では夕方クラスは7人くらいだったはず。

どうやら今学期から夕方クラスに週2回の初心者クラスが新しくできたようで、テストなしで全員入れました。
しかも週1回じゃなくて週2回。
ラッキー。
週1回じゃ少ないんだよね、語学は。

今まで昼間のSFIに行ったことのある人の話しか聞いたことがなかったんですが、どうも夕方のSFIは顔ぶれがちょっと違うようです。

人数が多すぎて数人としか話していませんが、今のところスウェーデン人パートナーのいる人がいません。

これは驚きです。
仕事場でも外国人と云えばスウェーデン人パートナーが居るからスウェーデンに来た人ばかり。

ポルトガル人の建築家
ウクライナ人の陶芸家
中国人の研究者
ギリシャ人の夫婦
ドイツ人
ボスニア人
イタリア人
ザンビア人

そしてポーランド人とアルバニア人が多い。
ポーランド人はスウェーデン語ができる人が多いようで、すでに進級テストにまわされていました。

東欧人の性格なんかがよくわかりませんが、みんなとってもフレンドリー。

さて、次回メンバーはどうかわっているのか。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます


ヘタリア AXIS POWERS コミック 1-6巻セット (バーズ エクストラ)
日丸屋 秀和
幻冬舎
売り上げランキング: 25,385

広告

夜間の語学学校、ぽろっと入学” への8件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中