ラズベリー摘み(一部補足)

夏は忙しい。

もう、庭の園芸はジャングルのようになっていて、どうすればいいのかわからない。
カボチャの葉がパプリカの上に覆いかぶっています。
カボチャのツルが本来歩くべき場所に這っていて、もう近寄れません。
水をあげても大きな葉っぱが傘がわりになって流れていきます。

コンパニオンプランツを意識して植えたけど、こんなに成長するとは思わなかった。
これが7年物のヒツジのフンのおかげなのか。

あれもこれも同時にできる夏。

ゆっくり下ごしらえとかしたいなー、と思う。

さて、エーランド島の橋の近くに出ていた「ラズベリー摘み(själv plockaning hallon)」の看板。

ちょっと前に日本に住んでいた友達と、スウェーデンもいちご狩りとかあればいいのにねー、楽しいのにねーと話していたところ。※
あったよ、いちごじゃないけど!

えー、
いくらなんだろうー、
ちょっとだけ聞いてみようかなー、
今日はできないけどねー、
もう家がベリーだらけだからねー、

と、お値段を聞きに行くと、30kr(390円くらい)。
安い…

この間までずっと1クローナ15円計算にしていたけど、Brexit(ブリクジット/イギリスのEU離脱)の影響か円が強くなっているので、円計算するとさらにお安い感じがする。
スウェーデン国内でお金を稼いでいるので円は関係ないけど。

いや、ベリーが家に山積み。
期間だけ聞いて、家のベリーを片付けてから来よう。

え、ハーロン(スウェーデン語でラズベリーのこと)の期間は短いの?
数日かもしれないし数週間かも、とのこと…

お支払い、しておりました。

私のモットー。
元気があればなんでもできる(アントニオ猪木さん)。

5デシリットル(500ml)用の箱を受け取り、ラズベリー畑に。

とりあえず、ムシャムシャ食べる。
葉っぱをかきわけると、内側に食べごろのラズベリーがたわわに。

ムシャムシャ食べつつ、箱にラズベリーを摘みいれる。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

欲張って歩けないくらい積み上げて、結局ムシャムシャ食べる。

ラズベリー、家に植えよう。

※スウェーデンにもイチゴ狩りあるみたいです!練乳持って行きたい!

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます



広告

ラズベリー摘み(一部補足)” への2件のフィードバック

  1. イチゴ狩り、うちの近所にありますよ?
    もしかしてそちらの地区にないだけ?逆にラズベリー狩りが見当たりません。
    先日イチゴ狩り行ってきたんですけど、盛りが過ぎていて、狩りって言葉がぴったりなくらいギラギラした目で探しました・・青かったり、虫がついたり、腐っていたりとハズレが多かったです。

    いいね

    1. カールソン夫人
      あるんだって!とうちの旦那さんに報告したら、昔はうちの近所でもやってたそうです、イチゴ狩り。ははは。お客さんの絶対数が少なくてやめちゃったそうです。
      盛りのすぎたイチゴ狩り、困りますねー。イチゴ狩りの醍醐味の飽きるほど食べながらっていうのがないと、楽しいのか何なのかですね。練乳はくれるのでしょうか?そんなもので食べてる人いないかな、スウェーデン。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中