北の灯台ロングエリック、南の灯台ロングヤン

友達が週末遊びに来ました。

2000年にブラジルのリオデジャネイロで会ったフランス人の友達で、2002年くらいだったかにニースの家に遊びに行ったことがあります。

それから14年。
その間に交わしたメールは多分5~6通。

短いメールばかりで、いつも
元気?
今どこ?
旅行の予定は?
ぐらいの短いやりとり。

春くらいに
元気?
とメールが来て
元気。今スウェーデンに住んでるよ。
スウェーデン。近いね、遊びに行くよ。
というメールが来たところ。

バックパッカーで知り合う友達は、年月が経っても違和感なく会える人たちな気がします。
仕事とか、生活とか、あんまり知らないけど、そこはどうでもいいところ。
一緒に旅して楽しい時間を過ごしたり、困難を一緒にやり過ごすのが重要。

会うと、あぁ、そうそう、こんな感じだった、と思い出します。
真面目なんだけど、なんかMr.ビーンに似たジョークセンス。
リオデジャネイロで一緒に過ごした数日を思い出しました。

リオで知り合った他のフランス人と夜でかける約束をしたとき、安宿でアイロンを借りてジーンズにアイロンかけてたわ、とか。

そういえば、havaianas(ハワイアナス)のビーチサンダルを一緒に買いに行ったんだった。
どうせサンダルを買うんだから、と友達は宿を裸足で出たのを思い出した。

その時のサンダルはタイのビーチで潮にさらわれてしまったんだけど、友達はまだもっているんだって。
履き心地がよくて、痛くならないからーチサンダルはハワイアナスしか買わなくなって、日本からエーランド島にもハワイアナスを持ってきています。
3代目のハワイアナスかな。鼻緒は切れないのに、なぜかなくしてしまって買いなおす。

さて、私の週末休みに合わせて来てくれたので、週末はエーランド島案内。
私はエーランド島南部に住んでいるので、北部のほうはあまり知りません。

友達が訪ねて来た機会に、行きたかったところをいくつか行ってみました。

北の灯台、Långe Erik(ロングエリック/ノッポのエリック)。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

南の灯台、Långe Jan(ロングヤン/ノッポのヤン)。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

今まで昇ったことがなかったので、チケットを買って昇ってみました。
197段の階段。
すごい風。
すごい景色。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

きれいで、うわー、と感動していたら、友達が壁を伝って歩いています。
高所恐怖症の演技か、ははは、本当にMr.ビーンっぽいわー、と思っていました。

あまりの景色のきれいさに見惚れてしばらく気が付きませんでしたが、友達、ずっと壁を伝って歩いてて、はしごの裏から遠くをのぞいたりしています。
あれ、本当の高所恐怖症?

ロングエリックは昇れなかったけど、ロングヤンは昇ろう!って云った時に返事がなかったっけ。
チケットは旦那さんが知らない間に3人分買っていたんだっけ。
さあ、昇るよーって云った時、旦那さんと私は走って昇るかどうするか云っててさっさと昇り始めたんだったっけ。

云ってよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中