トラースマッタとネコ

雨がほんの少し降って、あちこちにカタツムリがでてきました。
ちょっと肌寒いです。

去年の夏の終わりに生まれたネコが遊びに来ました。
冬の間は全然見なかったんだけど、どこにいたんだろう。

緊張しながらも、にじりにじりと近寄ってきて、とうとう家の中にも入ってきました。
誰かの飼い猫かもしれないので本当はあげてはいけないんだと思うけど、煮干しを一本、そっとプレゼント。
すごい勢いでがっつきます。

一定の距離を持ちながらも、ついてきます。
旦那さんが鳥にあげた、固くなったパンの端を見つけて必死で食べています。

ネコってパン食べるの?
そんなにお腹すいてるの?

パン食べるならゴハンも食べる?と少し残っていたゴハンをあげたんですが、食べる食べる。
お米一粒も残さず、食べる。
食べている間も、物音や影にビクビクしている。
野良なのかな。それにしてはマダニもいなさそうだし、きれいなんだけど。
一定距離からは近寄れないので本当のところはわからないけど。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

食べ終わると、床にひいた裂き織りマット(trasmatta/トラースマッタ)の上で少しずつリラックス。
このトラースマッタ、スウェーデンの家にはどこにでもあります。
スウェーデンの絵本を見ていると必ず描かれています。
ひとつとは云わず、5枚以上ある家も多いと思います。

リノベーション中なので、木屑だらけになるだろうとずっと使いませんでした。
日曜日にBBQをしたのに合わせて、普通の家らしく置いてみたら結構いい。
ネコもくつろぐ。

去年の夏に、5メートルのトラースマッタを織ったんですが、それも敷こうかな。
5メートル。
敷ける場所、限られるわー。
5メートルぶち抜きの場所。
友達に、どうやって洗うの、って云われましたが、洗うことなんか考えていませんでした。

池とか海とかで洗うもので、エーランド島にも、橋を渡った都会のカルマルにもトラースマッタを洗う場所があります。
後は雪の中に放置しておくとホコリとかが取れる。

5メートル。
乾ききる前にカビが生えそう。
次回は短いのを織ります。

いつでも走り出せるような体勢から、スフィンクスみたいな体勢になり、とうとう前脚を折りたたんで香箱座り。

次は横になってリラックスしていただきたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中