ペットシッター

今日も天気で気持ちがいいです。
先週末は車検を通したばかりの車が壊れたり、旦那さんの漆喰会社のお手伝いに駆り出されたり、バタバタでした。

卒業式シーズンなので、エーランド島では全然見ませんが橋を渡った都会カルマルでは卒業式定番の黒い縁つき白い帽子をかぶって、白いドレスやスーツを着た卒業生がオープンカーに乗っていたり、なんだか違う世界が繰り広げられています。

よくわかりませんが、卒業式が成人式みたいなものを兼ねているようで、お義父さんの奥さんの弟の子供も大きなパーティーをするということで、二人は週末招待されて車で4~5時間のところまで出かけていきました。
残った私たちはキャットシッター。

近所の仲良くしている友達夫婦の奥さんの息子さんも卒業式で、こちらも車で5時間くらいのところまで出かけていました。
残った私はドッグシッター。
スウェーデンは犬だけで4時間以上すごさせてはいけないんです
友達夫婦の旦那さんは数時間会合に行かなくてはいけないので、念のため私が駆り出されました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

生後4か月にならない仔犬、ルーシーと、1年半のモーリー、そしてネコが3匹、アヒルが8匹。
アヒルは小屋の中にいるので全然大丈夫。
ネコも自立しているので全然大丈夫。

犬たちと早速散歩にでかけました。
ルーシーがグルグルまわってあちこちにジャンプしているのに気を取られている間に速攻で拾い食いをするモーリー。
何を食べたの。すごく古い骨に見えるけど何の骨なの。

食べた直後から急に静かになるモーリー。
ちょっと、喉につまったんじゃないの、もしくは食べてはいけないものだったんじゃないの。
見るとケガしていた前脚にかぶせていたバンテージもない。
ちょっと、痛くなったんじゃないの、いつ取ったのバンテージ。薬塗ってあったのなめたんじゃないの。

小脇に抱えて、まだ遊び足りないルーシーを促しながら家に戻り、様子をみるが、ひたすら静か。
さっきまでジャンプしてたじゃない、どうしたのよ。
まだドッグシッター1時間もしてないんだけど。

ルーシーは私が見ていなかった隙に、キッチンの床に粗相。
なんで、外でしなかったの、なんのための散歩なの。

静かなモーリーが気になるが、ルーシーも疲れて寝はじめ、モーリーも横になる。
息をしているか気になり、全然他のことができないけど、ちょっと落ち着こう、コーヒー飲もう。

シナモンロールを温めて、コーヒーを入れて、ちょっと一息ついて。

いつの間にか二匹とも起きてシナモンロールをじっと眺めている。
さっき晩御飯食べてたじゃない、やめてよ、食べづらい。
ひたすらずっと見られて、端っこのほうだけちょっとあげると、膝の上にジャンプして来てテーブルの上に登ろうとする。
ちょっと、さっきまでぐったりしてたのは何だったの、ウソなの?

一匹をかまえば、もう一匹が鼻をならす。
しょうがないので床にすわって両方なでると、どちらも登ってきて、顔めがけて突進。
ちょっと、さっき変なもの食べてたから口はなめないで、なんかイヤ。
ちょっと、落ち着いて、おもちゃで遊ぼう。
なに、全然おもちゃに興味なし、どういうこと。

遠出はやめて、庭でちょっと遊ぼうか。
庭だからリーシュはなくても大丈夫かな。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

囲いの中のアヒルたち、のどかでいいわー。
でも脱走癖のあるアヒルだったわ、この家のアヒル。
脱走しすぎて今では母アヒル1匹。そしてタマゴから孵ったばかりのアヒル7匹。
キツネも怖いけど、モーリーがヒナを見る目つきも怖いわ。仲良くしてね、ゴハンじゃないのよ。

二匹でじゃれながら遊んでるわ、よかった、楽しそう。
ちょっと、どこ行くの、ちょっと、そっちは道路。
呼んでも来ない、スピードを増して駆けていく。

靴下のまま追いかけて、道路をこえて転がって遊んでいる二匹をキャッチ。
田舎でよかった、車ほとんど走ってなくてよかった、なんで呼んでも来ないの。

両方の脇に犬を抱えて家に戻る。
ネコが戻ってきて、ルーシーがじゃれる。
ネコが後ろ足で立ち上がって攻撃。
ちょっと、それ本気じゃないの、ルーシーまだ子供だから許してあげてよ。

すっかりもみくちゃにされ、くたくたになり、もう一度コーヒーブレイク。
ルーシーは寝ているから、モーリーを抱っこして、いたら急に唸り声。
どうしたの、何かあるの。
見ると友達夫婦の旦那さんが戻ってくるところ。
すごい剣幕で吠える犬。
ちょっと、ご主人様なんだけどわからないの、さっきゴハンもらってたでしょ。

家に帰ると旦那さんが、どう、まだ犬飼いたい?とか云う。
可愛いのは可愛かったのよ。
でもどうして手がひっかき傷だらけなの、どうして髪の毛がぼさぼさなの。
次回はもっと上手にできると思うよ、ドッグシッター。
お義父さんとこの犬ならもっと上手にできるんだけどな。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

ペットシッター” への4件のフィードバック

  1. お疲れさまでした。すみません、爆笑。でもちょっとわかります。まだ若い子、しかも2匹いっぺんとなると尋常じゃないですよね。わたしも少し前に家主の仔猫2匹を避妊手術から連れ帰って夜まで看ていたんですけど、2匹がかわりばんこに服を脱ぐので(傷口を舐めないよう着せられている)疲労コンパイしました。よそ様のペットってところが緊張感を生みますよね。次回の奮闘記、楽しみにしています。

    いいね

    1. 月兎耳さん
      猫がかわりばんこに服を脱ぐ!想像しただけであわてふためきます。服が嫌だから着せるのも嫌がるんですよね、多分。やんちゃ盛りが複数って、かなりなものですよねー。そして自分ちの子たちじゃないので、もういいわ、好きにして、っていうのもできない。自分のクタクタ具合が笑えて来たりしますけど。

      いいね

  2. 大笑い、そして微笑ましく拝読しました。
    両方とも若い子たちだから、大変だったでしょー。
    犬って、種類によって全く違うんですよね。我が家の犬は愛玩犬なので、ボールとか投げても全く興味なし。他の動物を追いかけるという本能も全く残っていないので、楽です。
    犬を飼われるようならば、何のために改良された犬なのか?ということを調べるのが大事かと。狩用に改良された犬は、追いかけます…。

    いいね

    1. cindraさん
      なんと!愛玩犬はボールに興味がないと!それは全く知りませんでした。そうか、そうだったのか。犬は犬、猫は猫、と思っていたけど改良されてるには理由があるんですねー。確かに。他の動物を追いかけないのはいいですね。知り合いの犬で何匹もウサギを追いかけてどこまでも走っていく子たちを知っているので、あれはつらそう。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中