タラでBBQ

昨日はスウェーデンのウエストコーストで今年最高気温、29℃だったそうです。
エーランド島は25℃。
橋を渡った都会のカルマル(Kalmar)は22℃。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

ポピーがあちこちで咲き始めました。
庭に咲いているのは大きくて、つぼみとのギャップがすごいポピー。
つぼみから開き始めた時のくしゃくしゃの紙のような質感。
さわるとやわらかくて全然紙みたいではないんだけど。

さて、スウェーデンはバーベキューが好きです。
夏と云えばBBQ。
うちは少ないほうだと思いますが、それでも去年6-7回はやりました。
友達の家で、旦那さんの実家で、うちで、その辺で。

今年は予定が流れたりしてまだ2回です。
え、6月頭で2回って多いんじゃ?と思うかもしれませんが、スウェーデンの夏は7月末まで、と思っておいたほうがいいです。

エーランド島には漁師さんがいます。
外国からの密漁で魚が激減して、今は漁師さんも少なくなってしまったそうです。

うちは、地産地消、ローカルショップ応援なので、魚もなるべく漁師さんから買っています。
すごく安いわけではないですが高いわけでもなく、なにより新鮮。
魚の種類が少ない北欧。この間は冬の魚、torsk(タラ)を購入。

獲ってすぐ捌かれ冷凍されていたので、旦那さんが冷蔵庫で解凍。
袋の口をただ折り返していただけだったので魚のにおいたっぷりの水分が冷蔵庫にこぼれ、ずっと魚のにおい。
最初はなんか魚のにおい残るねー、くらいだったのが、いや、魚もう冷蔵庫にいないのに匂い残りすぎ、おかしい!に。

それはどうでもいいんですが、そのタラを使ってホイル焼きBBQをしました。
スウェーデンはベジタリアンが結構いるので、ベジタリアン向けのメニューもちょっと覚えていると便利。
魚を食べないベジタリアンの場合は厚揚げがいいんですが、厚揚げスウェーデンのどこで手に入るのかな。
この間いったヨーテボリで食べた花巻の具の厚揚げ、すっごくやわらかくて厚みがあったから手作りかな。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

■タラ
■ポテト(半調理済み)
■アスパラガス
■パプリカ
■トマト
■バジル
■レモン
■ガーリック
☆塩
☆胡椒
☆バター/オイル
☆チリ/鷹の爪

1)ポテトは電子レンジでちょっとチーンとして少し火を通しておきます。
2)野菜は一口サイズに切って、レモンはスライスに。
3)ホイルの底から、バター(またはオイル)、ポテト、タラ、その他の野菜、バターアゲインの順になるように置きます。
4)調味料をかけて、ホイルを包んで、あたたまった網の上に載せます。

タラの代わりにサーモンでも美味しいです。
ガーリックは皮ごとでOKです。
レモンは酸っぱくなくなるので皮ごと食べられるようになります。オーガニックレモンがおすすめ。
ポテトを半調理できない場合は薄切りにして火が通りやすくすれば大丈夫です。
ドライトマトやマッシュルームを入れるのも美味しいです。

底にバターを置くので、くっついたり焦げたりしなくなります。

パンを底のバターにひたして食べるのが、美味しいのよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

タラでBBQ” への2件のフィードバック

  1. 彩がきれいで、何ともおいしそう!
    来週BBQに呼ばれているので、こんな感じのを持って行こうかなーと思い始めました。アイデアをありがとうございます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中