マッシュルームサークル

スウェーデンではキノコ狩りが盛んです。

が、知識がないのにダメ、と母親に云われて一度もキノコ狩りをしたことがないストックホルム出身の友達もいます。

私も、お義父さんの奥さんと行って教えてもらいながら秋のキノコ狩りをします。
よく似た毒キノコがあるから、ということで奥さんが絶対に採らないキノコも、違う人は大丈夫だと云ったり。
キノコは難しいです。

が、春のキノコは簡単です。
マッシュルームサークルという、キノコがつくる円形が目印のvårmuseron(ユキワリ/St. George’s mushroom)。

vår=春
museron=?キノコのことだと聞いたような
単語をなんでも足せばいいと思っていましたが、全部の単語がそうではないのか。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

見事にサークル部分の草の色がイキイキとした緑で、そのまわりが少しはげています。
そのはげたところに生えているこの春のキノコ。

美味しい!最高!と有名なスウェーデンで秋に採れる高級キノコよりも美味しいです。
匂いもすごくよくて、もう香水にしてもいいくらい。

と、ウィキペディアのユキワリの説明には「キュウリのようなにおいを放つ」とあるのを発見。
絶対違う。そんな匂いじゃない。キュウリの香水なんて魅力ない。

さて去年は豊作でしたが、放牧が始まったら牛に先をこされて一度しか食べれず。

今年は雨が降らず、乾燥しすぎていて全然ありません。
実はもう4回も探しに行きましたが、全部空振りに終わっていました。

この間まとまった雨が降った後、行くか!と別の用事のついでにキノコ狩り。

2か所は空振りでしたが、カラカラになった硬いキノコがあったところに望みを託して行ってみました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

あったわー。
数が少ないけどあったー。
小さいし、なんかちょっと硬いけど、これが今年のベストです。

ブラシ付きのマッシュルームナイフを持っていくのが一番ですが、忘れたので根っこからスポンと抜きました。
本当は採ったらその場でブラシを使って土を落とします。
これを怠ると土がマッシュルームのあちこちについて、後が大変です。

バターで炒めて塩かけて食べよう。
あぁ、楽しみ。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中