スウェーデンで確定申告

スウェーデン語で黄色はgulといいます。
で、黄色いからgulvivorという名前だと思っていた、カウスリップ

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

赤いのを見つけたので、Röd(スウェーデン語で赤色)vivorかと予想をたてていたら
旦那さんが、Lがひとつ足りないと思う、そして赤でも同じ名前だと思う、と云います。
そうです。gullvivorでした。
赤いのはRöda gullvivorでした。

だからどうした。

さて、スウェーデンでは4月に昨年度に税金をどれだけ払ったかという用紙が家に届きます。
私にも用紙が届きました。
表紙には『申告の時期です(Dags att deklarera)』と書かれています。

税金を確認。
納めすぎの税金がかえってくる還付申告をしないといけませんが
期限の5月2日までに申告しないと遅延金200 SEK(約3000円)!

日本に居た時は会社がやってくれていたので
スウェーデンは全員自分でするのか!とどっちがいいんだろう、とちょっとだけ考えました。

でも、スウェーデンの確定申告はすごく簡単。

1)携帯電話からSMSを送る
2)返信が来るのでそこに書かれてるURLから自分の銀行口座を登録

終わり。

うちの旦那さんは親子で経営している会社と、
季節労働とがあるのでもうちょっと複雑みたいで
SMSからはできないみたいです。

さて、SMSを送るだけ送って、安心して
払いすぎた税金がもどってくる口座を登録するのを先延ばしにしていました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

忘れるからやっておこう。
まずは、自分の銀行口座にログインして
銀行口座番号、と銀行のClearingnummerを確認。

スウェーデンは銀行に口座をつくるとクレジットカード(デビットカード)を作ってくれるので
最初、クレジットカードに書いてある番号を銀行の口座番号だと間違えました。

日本みたいに、銀行のカードっていうのがないみたいです。
ちなみに、口座を開くと年間管理費(年200SEKくらい/3000円くらい)がかかるので、
日本みたいに複数の銀行口座を持つ人は少ないと思います。

1)SMSに書いてあった税務署(skatteverket)のURLに接続。

2)Privat(個人)タブでInkomstdeklaration 1(確定申告)

英語に替えても最初のページだけが英語で、進む先はスウェーデン語になります。
Declaring taxes (Inkomstdeklaration 1)

3)Logga in till e-tjänsten(インターネットサービスログイン)
→E-legitimation(インターネットID)
→Bankkonto(銀行口座)
と進み、銀行口座の登録をします。

銀行口座を使ってのログインには
銀行からインターネットログイン用のカードとカードリーダーのセットが必要です。

旦那さん曰くこれが世界で一番セキュリティがいいそうです。

2週間くらいで手続きが終わり、
6月後半のミッドサマー前に振り込まれるそうです。

昔は冬まで待たなければならなかったらしくて
早くなったわー、と感動していた旦那さんでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

スウェーデンで確定申告” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中