バタフライケーキ

17℃の日はまぼろしだったのか、連日風が冷たいです。

さて、仕事場のfika(おやつ)当番の日です。

実は、彼女、先週の土曜日にグルテンフリーのラズベリーマフィンを練習して失敗。
私は水曜日に、グルテンフリーのカステラと普通のカステラを練習して失敗。

失敗の原因はグルテンフリーの粉。

1年8か月前、日本に居たときは聞いたことがなかった
グルテンフリー、ラクトスフリー。

私もスウェーデンに来てから牛乳でお腹が痛くなるようになり、ラクトスフリー愛用です。
ベルリンに行く飛行機の中でもラクトスフリーミルクがもらえたほどスウェーデンにはかかせません。

グルテンアレルギーの人もたくさんいて、
行っていたエーランド島の工芸学校ではアレルギーの人にはパンではなくシードクラッカーが出ていました。

小麦粉もダメだし、お醤油にもグルテンが少量含まれているそうで
結構制限が多いですが、スウェーデンではグルテンフリー食品がたくさんなので安心。
でも、ケーキを作るとなると、通常レシピをグルテンフリーの粉に替えただけではうまくいきません。

普通のカステラはなぜ失敗したか全くわかりませんが、とにかく背水の陣。
絶対失敗しないものを選択しなければなりません。

子どもの時よく焼いたよー、すっごい簡単だよ、と彼女が云うので即決したのは
イギリス伝統菓子、バタフライケーキ。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

簡単でした。
なのに伝統菓子。
これはいい。

しかし彼女の家にスケールはなく、計量スプーンだけがありました。

グラム(g)で書いてあるレシピをミリリットル(ml)に変換するところからはじまりました。
イギリスとスウェーデン、重さの単位が違うせいかピンときていない彼女は
「まぁ、焼いてみて様子みよう!」
と、結構適当、結構大胆。いいわー、気が楽になるわー。

バタフライケーキとブルーベリーマフィンを焼きました。
合計60個。
さらに、グルテン/ラクトスフリーのチョコレートケーキ(冷凍)をホールで。

さあ、喰え!
糖分がっつり接種してー!

グルテンフリー勉強しよう。
カステラもリベンジしよう。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

バタフライケーキ” への4件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中