家の中でできること、ピンギス(訂正)

2014年8月から2015年6月まで行っていた工芸学校で、聞いたことがありました。
人数が集まるとする遊び、ピンギス…

スウェーデンは基本、ほとんどが田舎ぐらしだと思います。
私たちの家はカロムがいいサイズですが
広い家には卓球台があることも多いみたいです。

そう!ピンギスとは卓球のこと。
多分、ピンポンとテニスを足したのでしょう。
なぜ足したのか。
ピンポンでいいんじゃないか、と思いますが
*
人数が集まった時のスウェーデン流のピンギスは楽しい!

※ピンポンとテニスを足して、ピンニスだと思っていましたが
ちゃんとしたスウェーデン語のピンギス(pingis:卓球)でした。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

卓球台のまわりをぐるりと囲んで
一回打って次の人に交代。
ぐるぐると回っていくので、うまい下手なんかどうでもいいです。
ちゃんと打ち返せればそれでいい。

この間イェムトランドに行ったとき
下は5歳、上は83歳までの14人でディナーの後にピンギスをしました。
どうやら恒例だそうです。

一回ミスしたら敗退で輪の外にでます。
3人になった時がきつい!
片側で打ったと思ったら全速力で走って反対側に行かないと間に合いません。

お義父さんが結構いいところまで残るんですが、3人になったときに反対側まで間に合いません。

2人になったら3点先取制の試合開始です。
だいたい、最後は足が追いついた若者が残ります。

うちの旦那さんも何回か最後まで残っていましたが
遊びを真剣にする男なので、試合になると目つきがかわっていました。

ちなみにラケットの持ち方ですが
スウェーデン人全員人差し指がラケットに乗っているシェークハンド、
私だけくるっと巻いたペンホルダー。

だからどうした。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中