トナカイ注意

2016年のポスク(スウェーデン語でイースターのこと)は
エーランド地方から北に向かって15時間車を走らせてイェムトランド地方(Jämtland)に行ってきました

途中、トナカイ注意の看板を見かけました。

この動物注意の看板は、エーランド島には、シカとヘラジカがあります。
私はスウェーデンに来て最初の冬(2014-2015年)、ヘラジカをたくさん見ました。
たしか12頭だったと思います。
なので、そういうものだと思っていたら、この冬(2015-2016)には1頭しか見ませんでした。

旦那さんも、それが普通だよ、と云っていたので
そんなものか、と思い直し、このトナカイの看板も、まぁ看板だけだよねー、と思っていました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

えぇっ!いた!
それも50頭くらい!

その後もあっちにもこっちにもトナカイが。
合計したら100頭はみたと思います。

「わー、野生のトナカイ初めて見たー」
と云っていたら
「野生のトナカイはいないよ。」
とのこと。

そういえば、首に何かかけられているトナカイや
おしりにスプレーで色がつけられているトナカイがいたわ。

スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ロシアに住むサーミという少数民族。
おばあちゃんがサーミのノルウェー人の友達によると、サーミは北、中央、南と分かれていて、それぞれ言葉も違うそうです。
スウェーデンではイェムトランド地方(Jämtland)が南サーミが住みはじめるエリアだそう。

そしてすべてのトナカイはサーミ所有で
親から子へと遺産として譲り渡すものだそうで
お金での取引はできないそうです。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

人を全然恐れないトナカイ。
放牧されているからなのね。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

2016年3月4日から31日まで横浜赤れんが倉庫横、MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン&ウォーク)にポップアップショップ出店しています。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。エーランド島の雰囲気をどうぞ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中