2月29日の公開プロポーズ

日の出は早くなり6時45分前後。
家を出てすぐには陽は昇りきります。

いつものように家を出て、
ラジオを聴いていたら
あれ、これは?と思いました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

男性が突撃電話で、そうしよう、と答えて、
ラジオのパーソナリティーは、おめでとうございます!と叫び、
女性も嬉しそうに、ありがとうございます、と答えます。

どうもラジオの公開プロポーズのようです。
スウェーデン語が速すぎて、全貌はよくわからなかったのですが
同僚が同じラジオを聴いていたので説明してもらいました。

女性から男性にプロポーズできる唯一の日、2月29日だったので
色々なシチュエーションの人が公開プロポーズをしたようです。

2月29日が女性からのプロポーズの日だったのは昔のことだそうですが
一説では、プロポーズを男性は断れなかったとか。

フィンランド人の同僚と話していたら
フィンランドは、断ってもいいけど、洋服を作る生地をあげないといけなかったそうです。
服もみんな手作りだった、私たちのおばあちゃん世代の話だそうです。

さて、日本だと有名じゃないかもしれませんが
スウェーデンは、フランスよりも事実婚が多いかもしれません。

ずっといっしょに暮らし、子どもを持ち、死ぬまで一緒でも
結婚しない人はたくさんいます。
結婚してもしなくても、財産はふたりのものだし、子どもの福利厚生なども何も変わらないのも理由かもしれません。

ここ数年は結婚が流行っているそうですが
日本のように適齢期とか、そういう結婚ではない場合がほとんどのような気がします。

ラジオで公開プロポーズしていた女性も
15年一緒に居るので、結婚もいいかな、と思ってということでした。

通勤時間の往復2時間の間に3件の公開プロポーズを聞きました。

朝の6時50分にプロポーズって、よく寝ぼけていなかったなー、と思いましたが
スウェーデンは7時から8時の間に仕事が始まる会社がほとんどの気がするので
寝ぼけてなんかいるわけないか!

昨日は、去年の秋から付き合い始めたふたりから食事のお誘いがあったので
旦那さんと旦那さんの弟と、これはもしかしたら公開プロポーズかもね
と云っていましたが、違いました。

スウェーデン人は結構すぐに同棲を始めるのですが
二人は最近彼女の実家の家の一軒で一緒に住み始めたので
いつでも遊びに来てね、というお披露目だったみたいです。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

写真のトランプは、彼女が彼氏に贈った
「あなたを好きな52の理由」です。
トランプ1枚1枚に理由が書かれています。

私の家族と仲よしだから。

あなたほど私を笑顔にさせる人はいないよ。

とか。可愛すぎるなー。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

2月29日の公開プロポーズ” への3件のフィードバック

  1. こんにちは。ノルウェーでは男性はプロポーズを断ったら手袋を12セット贈らないといけない説が。そうすると断られた女性は毎月1セット手袋を着けていられるので指輪をしていないことを隠せるとか。洋服の生地にしても手袋にしてもなんだか古風な感じですね。羊10頭とかでないだけでも近代的なんでしょうか。

    いいね

    1. 月兎耳さん
      こんにちは!ノルウェーは手袋12セットですかー。
      しかも理由の細かい気配り!
      なんだろう、お断りする心苦しさから出るのかも知れない心くばりだけど、断られた人から貰った物を身につけるのもつらそうな…

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中