クリスマス、正式に終了の日(誤報)

雪!

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

昨日はスウェーデン北部で-37℃を記録したそうです。

太陽と風の島、トロピカルアイランドのエーランド島は-8℃でした。

なにがトロピカルアイランドだ、と思われるかもしれませんが
結構なトロピカル具合。

私は、エーランド島から出る橋をわたってすぐの都会、カルマルで仕事をしています。

橋を渡ってすぐなので、中心部ではなく、森の中なんですが
もう、時間がたつごとに雪がこんこんと降り積もり
Fika(お茶の時間)に散歩する人もいなくなり
車がどんどん雪で覆われていきました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

正確には、散歩していたのは、ウサギと鳥と子供と外国人だけ。
私とロンドン出身、そしてノルウェーのもっともっと北部出身の合計3人だけ。

私とロンドン出身者は、雪がまだめずらしいので
わくわくして歩き回り、写真を撮ったり、雪に新しい足跡をつけたり。

ノルウェー出身者は、手袋もせず、マフラーもせず、帽子もかぶらず
しかも「まだ寒くない」と云っていました。

ゴアテックスの靴でも足先が寒く感じた私にも
いつか「こんなのまだまだ!」と云える日がくるのでしょうか。

話がそれましたが、
それだけ雪が降っていたのに、
橋を渡ってエーランド島に入り、15分ほどすると景色がかわってきました。

雪がない。

まさか?
あんなに吹雪いていたのに?
4㎝は積もっていたのに?

家に帰って旦那さんに聞くと
冬は海の水が空気より温かいから
横幅最大15kmの細いエーランド島は
よっぽど寒くならない限り雪はそんなに積もらないとのこと。

ただ、積もった時はすごいそうですよ。

太陽と風の島なので、風が。
一瞬にして雪が吹き飛ばされて極地的に雪山ができる、フォークとよばれる現象が起きるそうです。
3㎝しか積もってないところもあれば2m積もってるところもあり、
しかも風の力で、瞬間的に目の前に山が現れることがあるそうです。

すごく怖いって、エーランド島の人がみんないいますが
去年、今年の暖冬しか経験したことのない私はまだぴんとこず。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

でも、クリスマスから数えて13日目の今日、
スウェーデンでは祝日になる「正式にクリスマスが終わる日」、
目を覚ますとエーランド島も雪で覆われていました。

クリスマスから数えて20日目が正式にクリスマスが終わる日でした。
庭に来た動物の足跡チェックや
鳥がエサを探せないだろうとリンゴを切って置いたりだとか
遊びに来るネコに煮干しを用意したりだとか
やることたくさんな休日です。

午後はpulka(プルカというスウェーデンのそり遊び)だぜ!
と意気込んでいますが
子どもの遊びなので、うちにはソリがありません。

ゴミ袋がすごい勢いで滑れて楽しいらしいので、それで!

大人が酔っぱらってゴミ袋でPulkaをして木に激突、というので元消防士の旦那さん曰く、よく出動があったそうです。

こんな小さな村じゃ、末代まで語られるから気をつけようっと!

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中