モミの木の玄関マット

今日は一日ぐずぐずとした天気。
でも気温は6℃だとか8℃だとか。
日課のFika(お茶の時間)の散歩は、コートが暑いくらい。

とはいっても、冬なので
日の出は7時すぎ、夕方4時くらいには暗くなっています。

家を出るときも、帰ってくる時も真っ暗。

なので、先週の中頃に旦那さんが玄関の階段に敷いてくれたモミの枝を全く見ることができませんでした。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

去年のクリスマス、お義父さんの家は
世界遺産のアルバーレットに生えているエン(en)っていうヒノキ科の木の枝を切って、
玄関マットにしていたのを思い出しました。

今年はうちでもやりたいわー、と云っていたら
旦那さん、ちょうど職場で大きすぎるクリスマスツリーの枝はらいをやったから枝をたくさんもらってきたよ
とモミの木で玄関マットを作ってくれていました。

玄関マットというより、階段全部がおおわれてすごいことになっていますが
木の匂いがするし、凍ってすべることもないフカフカのクリスマス仕様の階段になりました。

ちょうど一週間前に飾ってくれましたが
明るい時間に家にいる週末まで、全貌は見えず、でした。

なかなかの力作。
ありがとう、旦那さん。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中