クリスマス、はじまりました。

太陽と風の島、エーランド島。
やたらと風が強いけど、晴れた時間がたくさんあった今日。
夕方からは雨でした。

さて、クリスマスまで4週間となりました。
アドベントカレンダーはなんとなく知ってたけど、
アドベントはスウェーデンに来てから知りました。

アドベントカレンダーは12月に入ってからクリスマスまでのカウントダウンですが、
アドベントはクリスマスまでの日曜日を4回分カウントダウンします。

スウェーデン人、クリスマスイベントとかはするし、洗礼もするし、聖人の名前を持つ人もたくさんいますがそんなに宗教色は濃くないです。

でも、このアドベントの最初の週末にはどの家も窓辺に星の形のペンダントライトを飾るし、逆V字のキャンドルライトも飾ります。
それはもう見事にいっせいに。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

お義父さんの家には、麦わらで作ったペンダントライト。
これはファミリーサイズのピザより大きいです。
素朴で伝統的な感じ。

見てる感じだと、一般的に紙でできた星が多いみたいです。
5角の星より、9角の星が多いかな。

しかも、みんなこの星、タイマーで自動でつくようにしています。

エーランド島の場合、サマーハウスは防犯に、パーマネントレジデンスは「暗くなって帰って、家に灯りが灯ってるとほっとする」という理由みたいです。

うちは、家の電源がそんなに使えない(そんなに電力つかわなそうだけど念のため)のと、
窓辺にコンセントを届かせようとすると延長コードがたいへんなことになるので星はなし!
という話をしていたら、お義父さんの奥さんから、中に小さなキャンドルを入れるタイプのガラスの星をいただきました。
明日早速取りつけよう。

と、まだ11月は終わっていないのに、すっかりクリスマス気分。
気分どころか、なんと「クリスマスディナー」を食べにいきました。

この間クリスマスマーケットに行った建てもの博物館の一角にあるカフェがいい雰囲気だった話を旦那さんにしながらホームページをみていたら、「Jultarllik(クリスマスプレート)」の情報があったので、
えー、11月なのにクリスマスプレートって早くないかい?とか言っていたら
旦那さん、実はこの建てもの博物館行ったことない、と仰天発言。

うちの旦那さんこの10~15年くらい、エーランド島に居るときは、
仕事してるか家建ててるか、はたまた海辺である特定の石を拾ってるかしかしてなかったっぽい。

いつも「いつもと違うところに散歩に行きたい」と云って連れて行ってもらうと、ここに来たのは15年前、とかそんな話がでてくる。

私と知り合う前の10年間は年の半分をエーランド島で過ごし、半分を海外でバックパッカーをしていた旦那さん。

エーランド島の南部が大好きすぎて、北部への興味は驚くほど薄い。

ということで、旦那さんが行ったことないので一緒に行ってきました。
まぁゴハン食べに行っただけだけど。

9月末のハーベストフェスが終わるとエーランド島でごはんを食べる場所を探すのもたいへんなので、
機会があったら行くべし!逃さず楽しむべし!をモットーにしています、私は。

ここのカフェ、やはり素朴な雰囲気でいい。
普通、クリスマスは「クリスマステーブル」という食べ放題形式なんだけど
ここは一皿に盛り付けてくれる「クリスマスプレート」。

予約制で人数がわかっていたのもあって、全部手作り。

手作りが当たり前と思ってはいけない。
特に季節外れのこの田舎、店を開けていても人がこないのが普通なのでまず開いていないし、
毎日店を開けるわけでもないので材料が余ってもどうしようもない、ということは「これは市販のでいっとくか」という場合は多々ある。

なんと云っても、このクリスマステーブル、品数が多い。
今回は
・クリスマスハム
・ヤンソンさんの誘惑
・ニシンの酢漬け
・クリスマスエッグ(ゆで卵にトッピングしただけだけど、これは宗教的な意味もあるみたいで欠かせない一品)
という、必ずなければいけないものはもちろん、
その他もすべて定番の料理、計12?か13品でした。
クリスマス定番の炭酸飲料、ユールムストはじめ、低アルコールのビール(ドライバーが飲んでも大丈夫な度数)、炭酸水、ミネラルウォーター飲み放題。

それにデザートも定番のもので、「リス・ア・ラ・マルタ」。
マルタさん(もしくはマルタ地方)風ゴハン、という意味のお米のデザート。
これ、私ははじめて食べたけど好きでした。うまかった。
旦那さんの子供の頃の一番好きなデザートはおばあちゃんの作ったリスアラマルタだったそうです。

それにクッキー3種類とコーヒー。

途中にバイオリン演奏付でクリスマスの讃美歌を歌ってくれる人も登場。
歌を歌う人とバイオリンがなんだか合ってない気が…と思っていたら
途中バイオリンが間違う間違う。
?と思っていたらバイオリンの人が
「ごめんなさい!いつも彼女(歌を歌う人)と一緒に演奏している彼女のお姉さんが今ニュージーランドに行っていて…」
と説明をしはじめました。
ニュージーランドに行っている人の代打か、そうか、あわせての練習不足のせいか、と思ったら
「私はただの彼女のご近所さんなの。でもベストは尽くすから!」
との仰天告白。

ただのご近所さん、舞台ふんじゃったのか!

なんだろう、でもよかったよね、近所にバイオリン弾ける人いて!
どうかな、アカペラでもよかったかな、いや、ちょっと聴いててハラハラしたけどバイオリンあったほうがいいか!

なにはともあれ、盛りだくさんでした!

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

クリスマス、はじまりました。” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中