薪ストーブ、つきました。

今週末は雪が降るかも、という天気予報。

でも、もう大丈夫!
我が家には薪ストーブあるから!

そうです、前に薪ストーブの土台を作りましたが、煙突まわりの壁も塗りました!旦那さんが。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

家の中心にたっている煙突は煙を外に出すだけじゃなく、薪ストーブの熱を家中に伝える役割もあります。

うちの薪ストーブは、パイプを煙突の穴に差し込んでいるだけなので、
レンガがむき出しのまま使ってはいけないんです。

レンガの間から煙がもれてくるかもしれないので、レンガを塗り固めなくてはいけません。

煙突の中にあるパイプがさらにパイプで覆われていたらレンガのままでもいいそうです。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

セメントとライムストーンパウダーをまぜて塗ります。
うちにはなんとセメントが固まらないようにクルクルと回すタンクローリーみたいな機械が、すごく小さいけどありました。

セメントが固まってしまうから、時間との闘いのようで、旦那さんが全く相手をしてくれなくなりました。

スウェーデンの田舎に住んでみたらどうなるの日記

3種類のコテと木の棒で均しキレイにできました。

1日待っただけで乾いたようで、
早速私の帰りにあわせて火を焚いてくれていました。

薪ストーブが小さいので威力も小さいのですが
なんせ、10℃~12℃の部屋で生活していた私たち。

17℃になった部屋で、2人とも顔が真っ赤になっていました。

慣れってすごい。
慣れってこわい。
この分じゃ日本に夏帰ったら倒れるかも。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ふたつのブログランキングに参加しています
いつも応援クリックありがとうございます

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中