スウェーデンでの車の運転 -ラウンドアバウト-

昨日、おつかいを頼まれて車の部品屋さんに。
日本でいうオートバックスみたいなところ。

スウェーデンの不思議、仕事はじめの時間が早い。
7時とか、普通。
この車の部品屋さんも平日は朝7時からオープン。

うちの旦那さん曰く、
「日本遅いよね、9時とかから働くでしょ」
遅くないよ。普通だよ。

うちも、旦那さんは7時から仕事。
私は7時、もしくは8時から。

早くはじまるということは早く終わるのだけど
そんな人たちのために、銀行とかは木曜日だけ時間をずらして夜7時とかまで営業。

話がそれたけど、
車のマフラーが変な音をたてるので、取り寄せました。

まだ都会での運転に慣れない。
都会といっても島からちょっと出ただけのカルマル(Kalmar)だけど。

なぜなら、信号もあるし、ラウンドアバウトっていう信号のないクルクルまわる交差点もたくさん、坂道もあるから。

エーランド島、信号はひとつしかありません。
それも北のボリフォルムにあるので、南の住人には「ない」に等しい。

でもスウェーデン、日本に比べて信号少ない気がします。
クルクルまわる交差点のラウンドアバウトがあるから。
電気使わなくていいから、いいアイディアだと思うわー、ラウンドアバウト。

でも、ラウンドアバウトへの入るタイミングが掴みづらくてまだ苦手。
そして「あ、ラウンドアバウトだ。」と思ってまわりはじめたら、中央分離帯がふくらんでいるだけの直線道路だったりして焦る。

そして、信号がない、ということは、停車中に道の確認をする機会がないということ。
カーナビ?ありませんよ、うちの車。

昨日も、車の部品は最終的に取りに行けたけど、
道を曲がりそこね、高速道路に乗ってしまい、
しょうがないのでまっすぐ行ったらチーズ屋さんがあったのでチーズを買ったり、
迷ってるのか優雅なのかわからないおつかいでした。

スウェーデン、高速道路はお金いりません。
なので入ってから「110km制限」とかいう看板をみて、しまったわー、と思ったり。

エーランド島に戻ってきたら、ほっとするようになりました。

ハーベストフェスで盛り上がりつつも、のどかなエーランド島。

IMG_4452

でも、車の部品を買いに行ってきたのに、家に帰ってきたら、ドアについてたプラスチックのパネルみたいなのがひとつなくなっていました。
どこで落としたの、なぜ落ちたの。
また部品屋さんに注文に行かなくちゃ。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
ブログランキングに参加しています
毎日応援ありがとうございます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中